人気ブログランキング |


その地に足を踏み入れて何を思う…。 気の向くままに旅立ち、その地に足を踏み入れる。青い空と海と広い大地が自身を包み込んでくれる。流れる雲の如く、大地を駆け巡り、陽の光を浴びては風に踊りて空に舞う。


by Tasogare

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Translate Tool

FX初心者の入門講座
  • ブログに掲載されている写真・画像等を、著作者の許諾無くして複写・転写・転載する事を固く禁じます。

検索

カテゴリ

全体
USA旅行記
Campus Tour
NZ旅行記

記事ランキング

最新の記事

USA旅行記編 ロサンゼルス..
at 2018-10-03 09:43
USA旅行記編 第三弾 カリ..
at 2018-09-15 00:38
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:40
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:39
USA旅行記編 デス・バレー..
at 2018-08-01 00:31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2014年 02月
2013年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

画像一覧

外部リンク

最新のコメント

> みやけさん  ② ..
by ex-bluemail at 21:30
> みやけさん  ① ..
by ex-bluemail at 21:29
> みやけさん 追申、..
by ex-bluemail at 03:02
とても魅力的な記事でした..
by 職歴の書き方 at 12:07

ファン

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

☆ Privacy Policy

ブログジャンル

旅行家・冒険家
旅行・お出かけ

<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

USA旅行記編 第二弾 ヨセミテ国立公園(二日目)ヨセミテ滝トレイル

Yosemite Falls Trail (the 2nd day), Yosemite National Park, CA




Yosemite Falls Trail

1. ヨセミテ滝の登頂に挑む

 10月8日、早朝の5:30分頃に宿泊ロッジを出発すると、暗闇の中をヨセミテ公園内へと車を走らせる。目的の場所はヨセミテバレー・ロッジにある駐車場である。ヨセミテ公園内は連日の道路工事が至る所で行われており、日中、ただでさえ混雑する道路は工事による規制が加わり更に渋滞が増していた。その点、夜間や早朝ともなるとその影響もなく道路を走る車の姿も影も無い。だが、道路工事の影響で状況そのものが変わってしまい目的場所が特定できずに、何度も目的場所を間違えては通り越してしまう事もあった。公園内の道路は一方通行となっている。そのため通り過ぎてしまうと後へは戻れない。また再び遠回りしてまで目的場所を探す羽目にもなる。やっとの事で目的場所なる駐車場を発見したのは朝の6:00頃となった。公園内はこの時間帯でも真っ暗である。駐車場に車を止めると、駐車場で暫く時間を潰してはヨセミテ滝トレイルへ行く為の準備をする。ヨセミテバレー・ロッジはロッジや駐車場だけではなく、その周辺には大きなキャンプ場がある。然しながら道路工事以外でキャンプ場までもが大規模な工事をしているために、キャンプをするような場所は一つも無かった。

 朝の7:30分頃、準備を済ませると №4キャンプ場からヨセミテ滝トレイルヘッドを探し出す。キャンプ場内の工事の影響でトレイル起点が見付からない。網のフェンスを潜り抜けてようやく起点を発見した。ヨセミテ滝トレイルを歩き出すと石段のある急な傾斜のジグザグ坂を登る。ヨセミテ滝の頂上までは5.6kmあるが、急な斜面を登る為に時間と疲労の要するスネークロードを歩き詰めるのである。そうした石や岩のある凸凹の道を歩くのであるが、段差のある石の多い山歩きに慣れていない理由もあり、履き慣れない靴擦れの影響もあって歩き出してから僅か数十分で足に激しい痛みが伴った。多少の痛みだけでは休む訳にはいかない。痛む足に鞭打つかの様に、それでも目的地に向かって歩き進む。
 



・ヨセミテ国立公園内、ヨセミテバレー・ロッジ(Visitor Parking) & ヨセミテ滝トレイル 地図
a0247978_14270923.jpg





2. ヨセミテ滝トレイル
Yosemite Falls Trail

 ヨセミテ滝トレイル・ヘッド(起点)、案内標示板にはヨセミテ滝頂上までは3.5マイル(約5.6 km)ある。
a0247978_17473016.jpg



 更に進んだ所にある案内標示板、ヨセミテ滝頂上へは3.4マイル。
a0247978_17481709.jpg



 石造りの階段のある道をひたすら登り続ける。足の痛みが伴って、これが結構辛い!
a0247978_17583679.jpg




a0247978_17585546.jpg




a0247978_17591499.jpg




a0247978_17594014.jpg




 やがてヨセミテ滝トレイルの中腹辺りまで来ると、視界に広がる公園の山々には濃い霧が立ち込めていた。太陽の光が霧に隠れては淡い光のコントラストを描いている。左側方にヨセミテ滝が観える。巨大な岩肌を滑るように滝が流れ落ちている。そしてヨセミテ滝の側方には霧で霞んだハーフドームの姿があった。
a0247978_18005057.jpg



 空は雲一つない快晴の青空!でも渓谷内は濃い霧が立ち込めている。
a0247978_18011165.jpg



 霧に覆われた渓谷内、前方にハーフドームを望む。
a0247978_16463207.jpg




a0247978_16474217.jpg




 ヨセミテ滝、7月頃から水量が減り始めるために、この時季(10月)の水量は少なくダイナミックな滝は観られない。やはり春の雪解けの時季からが最高の滝が観られる。
a0247978_16490600.jpg



 ヨセミテ滝の側方に観えるハーフドーム
a0247978_16501727.jpg




a0247978_16514895.jpg




 ヨセミテ滝の高さは739m、滝は三段に分かれている。Upper Yosemite Falls(739m 上段)、Cascads(440m 小滝)、Lower Yosemite Falls(200m 下段)の三段階。ヨセミテ滝の三つ合わせた滝は世界で5番目の高さを持つ。
a0247978_16530908.jpg
                       


 前方の谷を登り切ったところが頂上である。 もう一踏ん張り、でも足が痛い!もう一踏ん張り、足が痛いっ・・!
a0247978_16540203.jpg




a0247978_16544420.jpg




 風の影響か・・、木の幹の反対側にだけ苔が生えている。
a0247978_18210030.jpg




a0247978_18212466.jpg



 大きな松ぼっくり!15cmはあろうか!? ヨセミテ公園にはこの様な松ぼっくりが地面にゴロゴロ落ちている。
a0247978_18241742.jpg





3. ヨセミテ滝登頂

 10:00am頃、息を切らせながらも何とかヨセミテ滝の頂上に到着。
a0247978_16560720.jpg




a0247978_16565718.jpg



 渓谷内の麓が見下ろせる。
a0247978_17101673.jpg




a0247978_16580389.jpg




 ヨセミテ滝の頂上からヨセミテビレッジとマーセド川を見下ろす。
a0247978_16584708.jpg




 ヨセミテ滝の頂上でキバラマーモットとの遭遇、似た動物に栗鼠がいるが、栗鼠はネズミ目(齧歯目)リス科に属する総称であり主に樹上で暮らす動物、対してマーモットはネズミ目(齧歯目)リス科マーモットに属するもので地上で暮らす動物である。
a0247978_17111475.jpg



 警戒心が低いのか・・・、大人しい性格で、物珍しそうにカメラのレンズをじっと見詰めている。
a0247978_17115833.jpg



 ヨセミテ滝上部の渓流
a0247978_02212107.jpg



 ヨセミテ滝上部
a0247978_02223150.jpg




a0247978_11363916.jpg



 キバラマーモット、カメラのレンズを向けるとポーズを取っていた。
a0247978_17123311.jpg




 ヨセミテ滝の上部渓流にある橋
a0247978_17001393.jpg




a0247978_17005843.jpg




a0247978_17021133.jpg




a0247978_17025171.jpg




 ヨセミテ滝、帰路にて
a0247978_17034219.jpg



 ハーフドーム、この日の翌日は早朝からハーフドームトレイルに挑む事になっていた。
a0247978_17043277.jpg



 ハーフドームとヨセミテビレッジ、マーセド川
a0247978_17051133.jpg





動画 ヨセミテ滝トレイル








ヨセミテ滝トレイル、記録
08.Oct 2017

6:00am・・・ヨセミテバレー・ロッジ・ビジターパーキング到着
7:30am・・・ヨセミテ滝トレイルヘッド出発
10:00am・・ ヨセミテ滝登頂
11:00am   休息、(昼食)
11:30am・・ ヨセミテ滝頂上を下りる(帰路)
14:00pm・・ ビジターパーキング帰着

片道3.5マイル(約5.6km)片道の所要時間 約2時間30分、
往復7.0マイル(約11.2km)往復の所要時間 約6時間30分位(休息、昼食時間含む)
補給飲料水:約0.7ℓ






by ex-bluemail | 2018-03-24 01:27 | USA旅行記 | Comments(0)

USA旅行記編 第二弾 ヨセミテ国立公園(三日目、後半)ハーフドーム登頂(CABLES ON HALF DOME)

Half Dome Climb (3rd day, latter half), Yosemite National Park, CA




a0247978_16055938.jpg




ハーフドーム・ケーブル(後半)
CABLES ON HALF DOME


3. ハーフドーム登頂
  Half dome climb

 サブドーム近くから観た光景、この日は山の中腹辺りから白い煙らしき物が立ち昇っている。その煙らしき物はやがて横に伸びては周辺の山々を覆い尽くしていた。濃霧の発生にしては可笑しなものである。山火事か・・・、とも思い首を傾げる(実際は、山火事による煙りの発生)。山火事もまたヨセミテ環境の一部である。
a0247978_16070784.jpg




a0247978_16081004.jpg




a0247978_16093099.jpg




サブドームを登り始める所で、岩に貼り付けてある掲示板
a0247978_14420741.jpg




 前方のハーフドームを目前にして、その手前のサブドームを登り切る(正直、サブドームの傾斜のある岩を登るには足元と身体が不安定になり、かなりキツイ!!)。
a0247978_15564486.jpg




 9:05am、遂にハーフドーム手前にあるサブドーム頂上に到着する。サブドーム頂上までの所要時間は約4時間30分である。サブドーム頂上から更に標高2693mのハーフドーム頂上を望む。ハーフドーム・ケーブルのルートは、その登山ケーブル始発地点から頂上までの高さが約400フィート(約122m)ある。朝の9:00頃、既に数人のハイカーがハーフドームを登っている姿を目にする。サブドーム頂上で約25分ぐらいの休憩を取る。実は、このサブドームの頂上からハーフドームを目の当たりにした時、”正直、ハーフドームを登るなんて不可能だ!”と思った。怖気付いたのか躊躇いながらもサブドームの頂上に座り込み考え込んでしまった。それもその筈、目の当たりにしているハーフドームは垂直に切り立っている岩山であまりにも高い(実際、誰の眼にもそのように映る)。足を滑らせて転落する危険もある。過去、何人かの登山者(ハイカー)が転落事故により死亡している。決して他人事ではない。

 ”この山を登れるか・・?登れぬのか・・?”と、それが問題とばかりに自問自答が続く・・・。何人かが登山ケーブル始発点で躊躇している姿を目にする。また、登り始めた者が途中で引き返し降りてしまう。それを見ると自分までも怖気付いてしまう。すると次の若い男女が勇ましくも登る姿を見た。その次に登り始めた40代の男女も恐れる気も無く軽々と登って行く。”何という勇ましい姿だ・・!” ”ハーフドームを登る為に日本から遣って来たのに、登らずして帰るのは恥でもあり悔いも残る。多少の怪我は覚悟の上・・”、そう思い勇気を奮って登ろうと決意して登山ケーブルの始発地点まで行く。すると登り始めたばかりのアメリカ人の二人が突然にも引き返してしまい "お先どうぞ” とばかりに笑いながら言う。”正直、志気を欠く、登る意志が・・・、決意を・・・、翻意してしまう” 私は笑いながらも抵抗感を抱きつつ登り始めた。1/3ほど登り下を見るとやはりその高さに足が竦む。途中々で立ち止まっては休みながらも中腹辺りまで登ると、少し横に広がった岩の切れ目による段差があって、そこで腰を下ろして寝そべっては休んでいた。やがて立ち上がるとロープを握り下を見下ろすと恐怖があまり感じられなかった。これ幸いとばかりに力任せに一気に頂上まで登り切った。登り切った瞬間、その達成感で ”遣った!”とばかりに思わずガッツポーズを取った程である。





 サブドーム頂上から観たハーフドーム、既に数人のハイカーがケーブルを登っている。
a0247978_15522197.jpg




a0247978_15494891.jpg




a0247978_16123751.jpg




a0247978_16141414.jpg




a0247978_15540781.jpg




9:55am、ハーフドーム登頂を達成! 標高2693mのハーフドーム頂上を歩く。頂上はやや平面でかなり広くなっている。
a0247978_16153954.jpg




前方右側にエル・キャピタンを望む。その手前下にはヨセミテ麓とヨセミテビレッジが見下ろせる。
a0247978_16184445.jpg




a0247978_16194003.jpg




a0247978_16201894.jpg




前方には標高2307mのエル・キャピタン。
a0247978_10310104.jpg




標高2199mにあるグレッシャーポイントを望む。
a0247978_16213280.jpg




a0247978_16222237.jpg




 濃霧(煙り)に覆われた周囲の山々、この景観、この静けさ、そして空間の広がりと深さは、まるで深山幽谷を思わせる。
a0247978_16231259.jpg
 



至る所に石塔が立ててある。
a0247978_10382837.jpg




ハーフドーム頂上でキバラ・マーモットとの遭遇!この岩山の主か・・・?
a0247978_15031348.jpg





4. 帰路 

 ハーフドームの頂上では持参したサンドイッチで昼食を取った。視界に広がる雄大な大自然の姿を観ながらの食事は格別である。因みに、下の画像に写っているのは松ぼっくりであるが、何と・・大きさが20cm程ある。かなり大きい。ヨセミテ公園の森林では、この様な大きな松ぼっくりが至る所にあり地面に転がっている。
 
 ハーフドーム及びサブドームを登るには観光局が発行するパーミットが必要である。パーミット無しでハーフドーム及びサブドームを登る事は出来ない。もしパーミット無しで登ったりすると、36CFR1.6違反として罰金$5000(約570000円 ※$1.00が115円の場合)及び又は6ヵ月の懲役に科せられる。連日、このハーフドーム隣りのサブドーム付近ではパークレンジャーが待機していて、パーミットの提示を要求される。ハーフドームを登る観光者はパーミットとID(アメリカ人以外の観光者はパスポート)を提示する。この日は、朝の9:00amにサブドームに到着しているが、付近にパークレンジャーの姿は無かった。ハーフドームを登り終えて帰る際の帰路で、森林道(ジョン・ミュア・トレイル)の下から上って来たパークレンジャーと出逢っている。パークレンジャーから「ハーフドームへは登りましたか?」と訊かれ、「登りました」と答えると。「ならばパーミットを持っていますね?見せて下さい」と言われ、パーミットとパスポートを提示している。その男性は腰にピストルを提げているので「パークレンジャーですか?」と訊き返すと、「そうです」と答えた。アメリカの公園局パークレンジャーは車でのパトロールなど公園の中であれば何処でも常に銃を所持している。これも正にアメリカならではである。





a0247978_17421869.jpg
 前回、ヨセミテ滝登頂でも示したが、ハーフドームへ行く途中で観た松ぼっくりは画像から観ると普通にも感じられるが、実際の大きさは全長20cmぐらいはある。
あまりの大きさに驚きの表情を隠せない。日本で観る松ぼっくりの大きさとは、あまりに比べ物にならないのである。この様な松ぼっくりがヨセミテ公園の中には至る所にあり落ちている。あまりに珍しいだけに記念に持ち帰ろうとはしたのだが、粘質の強い松脂がべっとり付いていて、それに国立公園の植物であるだけに持ち帰ろうならば罰金も科せられると思い断念した。でも・・・、記念として飾り物になる思うと持ち帰れなかった事に悔いが残ったぐらいでもある。




John Muir Trail
 早朝の夜明け時に、通り掛かりの際に観たハーフドーム(背)は陽を浴びて赤く染まっていたが、麓に戻る際の帰路で再び観たハーフドームの姿は白い岩肌が眩しくも映った。
a0247978_10405934.jpg




 ネバダ滝近くにある休憩場所、ハーフドームへ行く際は此の場所を通る(画像中央の道を前方へとジョン・ミュアー・トレイルを更に進む)。この画像の場所から反対に右後ろ手には、ジョン・ミュアー・トレイルとネバダ滝へ通じる道がある(此処は左下から登って来るミスト・トレイルとジョン・ミュアー・トレイルの合流地点)。
a0247978_17444902.jpg




 休憩場所に立っている案内標示版、ハーフドームへは4.5マイルとある。
a0247978_17463596.jpg




 同じ場所に立つ案内標示版、ネバダ滝には0.2マイル、HAPPY ISLESまでは4.0マイル、矢印の方向へと道を進むとジョン・ミュアー・トレイルと示している。
a0247978_17465948.jpg




 ネバダ滝、先ほどの休憩場所のある場所から右へ進んだ(ハーフドームへの進路方向とは反対方向)所にある。この道はミスト・トレイルとの合流地点からネバダ滝に向かった所のジョン・ミュアー・トレイル。
a0247978_17492080.jpg




 マーセド川
a0247978_04345117.jpg





a0247978_10432378.jpg




ネバダ滝の上部に位置する橋(第三番目の橋)
a0247978_16250312.jpg




 マーセド川の渓流、画像中央がネバダ滝の上部で、その下が滝となっている。
a0247978_04313352.jpg




ネバダ滝(Nevada Fall)
a0247978_16261109.jpg




ネバダ滝の頂上から撮影
a0247978_16270225.jpg




ネバダ滝(Nevada Fall標高1801m、滝の高さは181m、水量が多く幅があり迫力のある滝。ミスト・トレイルからの撮影(午後)、早朝の暗い時間帯にハーフドームを目指して歩いている時は周囲は真っ暗で何も見えず滝の全貌すら観れなかった。
a0247978_16373444.jpg





a0247978_18275335.jpg




Mist Trail
 ミスト・トレイルをハーフドームに向かって進んで行くと、バーナル滝を過ぎた所にある第二番目の橋(ネバダ滝からバーナル滝に向かってミスト・トレイルを進んだ場合では、バーナル滝に辿り着く手前にある橋となる)。
a0247978_16285843.jpg




橋の下流、マーセド川
a0247978_16401739.jpg




バーナル滝(Vernal Fall)、標高1538m、滝の高さが97m、爽快感のある滝(ミスト・トレイルからの撮影)
a0247978_16300486.jpg





a0247978_16303845.jpg





動画 ハーフドーム






動画 ハーフドーム頂上







動画 ネバダ滝








ハーフドーム登頂(CABLES ON HALF DOME)記録
09.Oct. 2017

3:00am・・ Trailhead Parking(ヨセミテバレー・トレイルヘッド・パーキング)到着
4:30am・・ 駐車場を出発
・・・・・・ HAPPY ISLES BRIDGEを通過
・・・・・・ John Muir Trailheadよりハーフドームを目指して進む
5:00am・・ 第一の橋を通過
・・・・・・ Mist Trail
5:30am・・ バーナル滝到着
・・・・・・ 第二の橋を通過
5:50am・・ ネバダ滝到着
・・・・・・ John Muir Trail
・・・・・・ Half Dome Trail
9:05am・・ サブドーム(頂上)到着
・・・・・・ (休憩:約25分)
9:30am・・ ハーフドーム・ケーブル登頂開始
9:55am・・ ハーフドーム登頂達成
・・・・・・ (昼食、休息:約65分)
11:00am・ /ハーフドーム頂上を下りる
・・・・・・ (帰路↓)
・・・・・・ Half Dome Trail
・・・・・・ John Muir Trail
・・・・・・ ネバダ滝 (第三の橋)
・・・・・・ Mist Trail
・・・・・・/バーナル滝
・・・・・・ John Muir Trail
16:00pm・ /Trailhead Parking 帰着


ハーフドームまでの歩行距離:片道 約7miles(11.2km)、往復で14miles(22.4km)
サブドーム頂上まで約4時間35分、→ハーフドーム頂上まで約15分、計:片道の所要時間 約4時間50分
帰路:Trailhead Parkingまで約5時間、往復の所要時間 約10時間(サブドーム及びハーフドーム頂上での休憩は含まず)
飲料水の使用量:ポット0.5ℓ+ボトル容器1.0ℓ 合計1.5ℓを持参している。実際に飲用した量:片道約0.5ℓ、往復で約1.0ℓ程度(ポット及びボトル容器内の飲料水はポカリスエット)
              
  
 



by ex-bluemail | 2018-03-01 08:43 | USA旅行記 | Comments(0)