人気ブログランキング |


その地に足を踏み入れて何を思う…。 気の向くままに旅立ち、その地に足を踏み入れる。青い空と海と広い大地が自身を包み込んでくれる。流れる雲の如く、大地を駆け巡り、陽の光を浴びては風に踊りて空に舞う。


by Tasogare

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Translate Tool

FX初心者の入門講座
  • ブログに掲載されている写真・画像等を、著作者の許諾無くして複写・転写・転載する事を固く禁じます。

検索

カテゴリ

全体
USA旅行記
Campus Tour
NZ旅行記

記事ランキング

最新の記事

USA旅行記編 ロサンゼルス..
at 2018-10-03 09:43
USA旅行記編 第三弾 カリ..
at 2018-09-15 00:38
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:40
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:39
USA旅行記編 デス・バレー..
at 2018-08-01 00:31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2014年 02月
2013年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

画像一覧

外部リンク

最新のコメント

> みやけさん  ② ..
by ex-bluemail at 21:30
> みやけさん  ① ..
by ex-bluemail at 21:29
> みやけさん 追申、..
by ex-bluemail at 03:02
とても魅力的な記事でした..
by 職歴の書き方 at 12:07

ファン

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

☆ Privacy Policy

ブログジャンル

旅行家・冒険家
旅行・お出かけ

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

USA旅行記編 第三章 第一部 ハンティントン ビーチ

Ⅲ. Huntington Beach, CA




a0247978_20384792.jpg
           ※Googleより転載



 州道1号線(Pacific Coast Hwy)沿いの駐車場に車を止めると、メイン・ストリートのある州道1号交差点側の桟橋入口から入り桟橋を渡る。ハンティントン ビーチは海が広いだけではなく砂浜もかなり広い。この日は雲一つない快晴の青空で空は青く澄み切っており、海は空の青さを映しているかのように青く輝いていた。
 ハンティントン ビーチは平日では訪れる人の数は少な目ではあるが、特に土日ともなると桟橋では多くの人達で混雑しては賑わう場所ともなる。この桟橋入口から反対側(州道1号線交差点メイン・ストリートや州道沿い)にはホテルやレストランなどの店が建ち並んでいる。特にサーフシティと呼ばれるだけにサーフボートなどの店やサーフイン博物館もあり立ち寄る若者達や観光客も多い。

 桟橋を渡ると右側の砂浜では海水浴を楽しむ人達の姿がある。桟橋より左側には幾つものビーチバレーのコートがある。ハンティントン ビーチでは毎年ビーチバレー選手権も開催されている。その砂浜ではビーチバレーを練習している人達の姿があった。桟橋の中心まで来ると両脇に売店がある。何が売られているのかと覗くと、店内では飲み物やサーフィンに関するお土産などが売られていた。桟橋の上では釣りを楽しんでいる人の姿も少なくはなく、子どもや若者から大人や老人に至るまで実に多くの人達が訪れている。そうした桟橋では、訪れた多くの人々が眼下にサーフィンを楽しむ若者達を観ている。そして更に進むと桟橋の先端には赤い八角形屋根の建物レストランがある。入口横(正面)にはバーガーショップがあり、その赤い建物のレストランはアメリカ料理を提供しているRuby's Dinerチェーン店。周囲の海を眺望できる様に設計されたその建物は、恰も海の上に建つレストランといった様でもあり発想が実にユニークである。




HBと桟橋の歴史(概略)

a0247978_09153550.jpg











Henry E Huntington(1850-1927)  


1889年、シェルビーチと呼ばれた此の地は、小さなグループの入植者で構成されていた。

1901年頃、昔から農業が主な此の海辺の町(後々にハンティントン ビーチとなる地)は、後に観光地として発展するとパシフィック・シティに変更される。

1902年頃、鉄道王・不動産王ヘンリー・エドワード・ハンティントン(Henry E Huntington 1850-1927)の所有する不動産開発会社(Huntington Beach Company)
に売却された此の地は、ハンティントンによる鉄道(パシフィック・エレクトリック鉄道)の開通と電話線の設置により市は急速に繁栄する。

1903年、浜辺から海に突き出た全長1000フィート(約305m)もの木造による桟橋が建てられる。

1909年、最初の市長であったエド・マニング氏によって設立されたハンティン ビーチ。その元の開発者はヘンリー・ハンティントン所有する不動産開発会社であり、此の地の繁栄に貢献したハンティントン氏を讃え敬意を表して市名を「ハンティントン ビーチ市」と改名される。

1910年、俳優でもあり水泳選手や伝説のサーファーでもあったデユーク・カハナモク(Duke Paoa Kahinu Mokoe Hulikohola Kahanamoku 1890-1968によってサーフィンとするスポーツが南カリフォルニア全域に定着するようになる。  

1912年、嵐に襲われ桟橋の大半が破壊されるが、1914年には全米一の全長1350フィート(約412m)の総コンクリート製による新たな桟橋が再建される。

1920年代、ハンティントン ビーチは石油を埋蔵する自然資源断層の上に立っていた。その石油資源開発とする発掘によってハンティントン ビーチ市の人口が急増する。

a0247978_15185070.jpg
1920年代からの石油ブーム最中、ハンティントンビーチ海岸の石油デリック。1953年の石油ストライキ後に、50年代に始まった人口増加の為にハンティントン ビーチ市内と海外沿いの石油デリックは取り除かれた。※ City of Huntington Beach公式サイトより転載

1925年、州道1号線(Pacific Coast Hwy)の完成によってハンティントン ビーチを訪れる人々が増加する。

1930年代、既存の桟橋を更に500フィート延長して桟橋の先端にカフェをオープンする。

1939年、ハリケーンがカリフォルニアを襲い桟橋は破壊されて沈む。その翌年の1940年に市によって桟橋は再建されている。

1959年、米国最初の「USサーフィーン・チャンピオンシップ」が開催される。その翌年のテレビ放映によりハンティントン ビーチは「サーファ―の楽園」としての国際的な名声を得る。

以後、桟橋は不幸にも二度の嵐に見舞われ破壊されるが、1992年には当初のオリジナルを再現したコンクリート製の桟橋(全長1850フィート:約564m)が建造される。現在ハンティン ビーチでは、年間を通じてサーフィンやビーチバレーなど多くのエベントが開催されている。そのためビーチや桟橋を訪れる地元の人々や多くの観光客(年間訪問者1100万人以上)などによって大いに賑わいを見せている。






a0247978_20574122.jpg
 州道1号線(Pacific Coast Hwy)とメイン・ストリートの交差点(桟橋入口の場所)※Google Earthより転載



 州道1号線(Pacific Coast Hwy)の交差点から桟橋入口を入った所。アメリカ合衆国星条旗、カリフォルニア州旗、ハンティントン ビーチ市旗が立ち並ぶ。 
a0247978_01333917.jpg



 桟橋入口から入り桟橋を渡るとハンティントン ビーチでの海全体がその光景が視界に広がる。
a0247978_13001837.jpg



 Huntington Beach Pier(桟橋)を渡る。桟橋の右側では海水浴などを楽しむ人々。
a0247978_10344979.jpg



 桟橋の左側ではビーチバレーの練習風景、ハンティントン ビーチでは毎年ビーチバレー選手権が開催される。
a0247978_10352996.jpg




a0247978_12591706.jpg




a0247978_13015058.jpg



 桟橋から眼下にサーフィンを観ている人々。
a0247978_10410365.jpg




a0247978_10414662.jpg




a0247978_08511945.jpg




a0247978_10445027.jpg



 前方の赤い八角形屋根の建物がレストラン(Ruby's Diner アメリカ料理を提供しているチェーン店 営業時間:7:00am - 22:00pm)
a0247978_10434862.jpg





Huntington Beach 動画







◇ City of Huntington Beach 公式サイト








by ex-bluemail | 2016-07-15 23:51 | USA旅行記 | Comments(0)

USA旅行記編 第一章 第二章 カリフォルニア州、ハンティントン ビーチ

Ⅰ. Huntington Beach, CA




 ロサンゼルスを訪れると決まって足の向く場所がある。一つはUCLAであり、もう一つはハンティントン ビーチである。元々カリフォルニア特有の温暖な気候と住み易い環境が大変気に入っているせいか、特にカリフォルニアの澄み切った青い空と海を好む。それが故に、ロサンゼルス市街中心地にはあまり足を踏み入れようとはせずに、市街から離れた海や山などに足を向ける傾向がある。長年に渡り都会での生活に住み慣れてはいるものの、それでも都会の生活には決して馴染めない。それだけに性格的には自然のある場所を好むようだ。

 日本の海とは大きく異なりロサンゼルスの海、特にハンティントンの海は青く美しい。「カリフォルニアの青い空と海」は、若き頃より憧れ的な存在でもあった。”何時かはカリフォルニアへ…、カリフォルニアの青い空と海のある地を踏む” 事が夢でもあり、可能ならばカリフォルニアに永住してみたいと思った程である。何時しか歳月は流れたが、今でも若き頃に抱いた憧れやその熱き思いは決して色褪せてはいない。それが故に、ロサンゼルスを訪れると決まってカリフォルニアの青い空の下、自ずと足が海へと向くのである。

 
      
 ハンティントン ビーチ桟橋(Pier)                      
a0247978_16175771.jpg




 州間高速道405号線(San Diego Fwy)を走行してWestminster →Huntington Beachを16番出口(EXIT 16)を出て、州道39号線(Beach Blvd)を走ると前方に広々とした海が視界に入る。そこがハンティントン ビーチである。その道路と突き当る州道1号線(Pacific Coast Hwy)の交差点を右折してビーチピァー(桟橋)へと向かう。この桟橋を中心に州道沿いには多くの駐車場(有料)がある。

 ハンティントン ビーチに辿り着いたのは昼頃であった。今回で二度目のハンティントン ビーチではあるが、前回は雨天の影響で雨の止んだ直後の曇り空の広がる夕方近くでもあっただけに、ビーチを訪れる人の数も少なくハンティントン ビーチの景観は望めなかった。そして二度目となる、この日のロサンゼルスは異常気象の影響により、雲一つない快晴の青空が続き、然もかなり暑く真夏日を感じさせる程の陽射しの強い天気であった。桟橋に居るだけでかなり日焼けをした程である。その影響か桟橋を歩くだけでは暑さに耐えられず、海に飛び込みたい心境でもあった。ハンティントン ビーチを訪れる人達は何もサーファーだけではない。海水浴を楽しむ人や散歩がてに遣って来る者、サーフィンを見物に来る人等々と桟橋を訪れる人々は多い。それは地元や近隣や遠方などから・・・、そして実に多くの観光客なども訪れている。



ハンティントン ビーチ名の由来
 ハンティントン ビーチは、ロサンゼルスから南へ35mile(約56km)、サンディエゴからは北へ90mile(約145km)と進んだ南カリフォルニアの海岸沿いに位置する。
 私が最初にハンティントンを訪れた際に海の方角が判らず、街の中心地で地元の人に「ハンティントン ビーチは何処にありますか?」と尋ねたところ。地元の人は「此処がハンティントン ビーチだよ」と答えてくれた。だが、その答えの意味が摑めず理解に悩んだ経験がある。ハンティントン ビーチは浜辺や海岸の名称と思っていたのだが…、実は市名であったという事である。

 1902年頃、鉄道王・不動産王ヘンリー・エドワード・ハンティントン(Henry E Huntington 1850-1927)の所有する不動産開発会社に売却された此の地は、当時はパシフィック・シティという市名ではあったが、ハンティントンによってパシフィック・エレクトリック鉄道の開通と電話線の設置が行われるようになると市は急速に繁栄する。1904年、地元に貢献したハンティントン氏を讃え敬意を表して「ハンティントン ビーチ市」と改名された経緯がある。
 
 


a0247978_12382770.jpg



 ハンティントン ビーチの一帯は石油を埋蔵する自然資源断層の上に立っている。1920年頃の石油資源開発によって人口は急激に増加する。当時のハンティントン ビーチの海岸一帯はそうした石油掘削装置が建ち並ぶ状態であった。後に石油は資源床に底が突き掘削装置は姿を消すようになる。現在、沖合いに二つの石油抽出施設があるだけである。画像中央の前方に見えるのが石油抽出施設。
a0247978_15095521.jpg



 ハンティントン ビーチから沖合いに見える石油抽出施設
a0247978_10160094.jpg








Ⅱ. The Way to Huntington Beach



ロサンゼルス国際空港(LAX) →Inglewood →州間高速道405号線 (San Diego Fwy) →Lowndale →Rossmoor →州間高速道405号線 (San Diego Fwy) →Westminster(EXIT 18) →Golden West St.州道1号線 (Pacific Coast Hwy) ⇒Huntington Beach Pier (約67分、56.8km)

又は、
州間高速道405号線 (San Diego Fwy) →Westminster →Huntington Beach(EXIT 16) →州道39号線 (Beach Blvd) →州道1号線 (Pacific Coast Hwy) ⇒Huntington Beach Pier(LAX →約68分、58.7km)



ハンティントン ビーチ桟橋付近の駐車場料金
Pier Plaza Parking & Pier Plaza Amphitheater Parking
Per Hr, $1.50   Per day, $15.00













 州間高速道405号線(San Diego Fwy)のEXIT 16を出て、州道39号線(Beach Blvd)を海に向かって走ると右側にホテルHyattがある。
a0247978_11341173.jpg


 その州道39号線と突き当たる州道1号線(Pacific Coast Hwy)との交差点(右側がホテルHyatt)を右折する。交差点の前方がハンティントン ビーチ。
a0247978_11344207.jpg


 州道1号線(Pacific Coast Hwy)から見た同交差点、右側がホテルHyattと州道39号線(Beach Blvd)。
a0247978_11350641.jpg


 交差点を通過すると「Huntington Beach」と書かれた立体歩道橋を通り抜け、左前方にはハンティントン ビーチピアーが視界に入る。
a0247978_11360908.jpg
 ※ 画像はgoogle mapより転載





 雨上がりのハンティントン ビーチ、海岸沿いを通る州道1号線(Pacific Coast Hwy)
a0247978_10170357.jpg



 州道1号線沿いにあるハンティントン ビーチ・バイク・トレイルと桟橋
a0247978_10180772.jpg



 ハンティントン ビーチの州道1号線(Pacific Coast Hwy)、桟橋入口のある州道沿いには多くのホテルなどが建ち並んでいる。
a0247978_18070012.jpg



 ハンティントン ビーチ桟橋(Pier)入口内
a0247978_18132381.jpg



 州道1号線沿いにある有料駐車場、桟橋を中心に州道沿いには多くの駐車場がある。
a0247978_17474646.jpg



 Huntington Beach Pier
a0247978_17511943.jpg




 


by ex-bluemail | 2016-07-01 09:30 | USA旅行記 | Comments(0)