人気ブログランキング |


その地に足を踏み入れて何を思う…。 気の向くままに旅立ち、その地に足を踏み入れる。青い空と海と広い大地が自身を包み込んでくれる。流れる雲の如く、大地を駆け巡り、陽の光を浴びては風に踊りて空に舞う。


by Tasogare

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

Translate Tool

FX初心者の入門講座
  • ブログに掲載されている写真・画像等を、著作者の許諾無くして複写・転写・転載する事を固く禁じます。

検索

カテゴリ

全体
USA旅行記
Campus Tour
NZ旅行記

記事ランキング

最新の記事

USA旅行記編 ロサンゼルス..
at 2018-10-03 09:43
USA旅行記編 第三弾 カリ..
at 2018-09-15 00:38
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:40
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:39
USA旅行記編 デス・バレー..
at 2018-08-01 00:31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2014年 02月
2013年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

画像一覧

外部リンク

最新のコメント

> みやけさん  ② ..
by ex-bluemail at 21:30
> みやけさん  ① ..
by ex-bluemail at 21:29
> みやけさん 追申、..
by ex-bluemail at 03:02
とても魅力的な記事でした..
by 職歴の書き方 at 12:07

ファン

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

☆ Privacy Policy

ブログジャンル

旅行家・冒険家
旅行・お出かけ

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Campus Tour 第一章 カリフォルニア大学ロサンゼルス校

University of California, Los Angeles 


 2013年10月8日、アメリカ旅行はアリゾナ州のセドナからネバダ州のラスベガスを経由して再びロサンゼルスに戻ると、ロサンゼルス国際空港(LAX)近くのホテルに宿泊してロサンゼルスでの旅程に入る。ロサンゼルスでの旅程にはUCLAのキャンパスツアーを組み込んでいた。
 10月のロサンゼルスの日中は多少は暑くなるが夜ともなるとかなり冷え込む。ロサンゼルス空港近くにある州間高速道路405号線(San Diego Fwy)沿いのホテルに宿泊するのだが、この周辺は大通りを走る車の数そのものは多いのであるが、歩行者は日中でもかなり少なめで、夜ともなると人影すら全く無い程である。それだけに場所によっては、ひっそりと静まり返っている所も少なくはない。
 夜には州間高速道路下のガードを通り抜けて反対側にあるコンビニへ食料や飲み物などを買いに行く事になるのだが、あまりの人影の無さに多少の懸念すら抱く。 と言うのは、この周辺でもガード下でも昼夜を問わず浮浪者が少なくはなく、その場所を通る度に物乞いされた事があった。そうした理由からすれば夜の21:00以降は単独で出歩くような所ではない。また、その日の夜なのか…、深夜の時間帯に、近くの場所で ”黒人同士による銃撃事件が起きているので、外出する際はその場所には踏み入らぬように注意して下さい” と、地元の人から聞かされているだけに…。特に夜間の外出行動に関しては恐怖や懸念すら抱く有様で、その国、その地域での治安の良し悪しは、旅行者にとっても危険且つ重大な事態にも陥るという事由からすれば、決して物事に無関心では成り立たず、旅行に対する楽観的な考えや軽率な判断や行動を改めさせられた程である。

 ロサンゼルス国際空港(LAX)を降り立ち、近くのレンタカーセンターで予約した車を借りる事になっていた。既に日本で予約を済ませ車種及び装備や保険など予約の再確認も済ませているにも関わらず、実際、現地でレンタカーを借りる際に予約通りに事が運ばない事もある。予約した筈の車種が生憎と貸出し中であったり、同種の車は有っても装備としてのカーナビが付いて無い場合もある。受付で別のレンタカーを用意してくれたのだが、何と、それがベンツ!! ベンツのキーの取り付け場所やシフトの変換(オートマチック)がどの位置でどう操作するのかが分からずに悪戦苦闘する。やっとの事で走らせても運転に不安が付き纏う有様。仕方なく、営業所受付に戻りレンタカーを交換する事にした。
 ところが、受付で希望条件に合ったレンタカーが貸出し中であり他になかなか見付からなず、これまた徒に時間だけが刻々と過ぎて行く…。何とか希望通りの装備車を借りる事は出来たのだが、いざ出発しようとレンタカーに飛び乗るのと、今度はカーナビが機能しない。幾ら目的地を入力しても検索できずに又しても悪戦苦闘を繰り返す(次第に苛立ちが増す)…。
 結局、そのまま状態で宿泊ホテルに到着したのが暗くなった夜の19:00頃。フロントで速やかにチエックインを済ませるなり、駐車場にて再び動かぬカーナビとの悪戦苦闘が続く。やっとの事でカーナビに旅行目的地の検索入力に成功して一安心するや否や…、今度は空腹で腹の虫が鳴き治まらない。そこで、空腹を抱えコンビニへ行き食料を買い込んではホテルに戻り簡単に食事を済ませるのだが…、後は、旅疲れも有り翌日の旅程であるUCLAキャンパスツアーに備えて早々と就寝した。とにかく、何かと疲労する大変な一日であった…。 と、言う訳で、海外では斯様なアクシデントや不運・不都合な事は起こり得るものである。




Ⅰ Overview of UCLA


【UCLA 校章】
a0247978_16231641.png  University of California, Los Angeles (カリフォルニア大学ロサンゼルス校)は、1919年にアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市に設置された州立大学。
UCLAの起源は1881年の南部カリフォルニア地域に於ける教員養成を目的としてカリフォリニア州議会によって設立されたCalifornia State Normal Schoolの分校に始まる。1882年にはThe State Normal School at Los Angelesとして正式に開校、教員の研修を目的とした小学校として南部カリフォルニア地域での中心的な教育機関となる。1887年、Los Angeles State Normal Schoolと改称、1914年にはハリウッド地区、バーモント通りに移設、教育施設と教育内容の充実を目的に1919年にカリフォルニア大学南部分校として2年制の教養課程を有する大学となる。1927年には分校から大学へと昇格し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校: University of California at Los Angelesと改称する。更に1951年には、atが,(カンマ)に置き換えられ現在の校名であるUniversity of California, Los Angelesとなる。

 同1927年に、州政府が現在の大学地であるウェスト・ウッドに400エーカー(1.619k㎡)の土地を購入し、パウエル ライブラリーやロイス ホールなどが建設され大学としての諸整備が行われる。1929年には新たなキャンパスでの授業が開始され、1933年に修士課程が設置、1936年にはバークレー校の反対を押し切り博士課程を設置するものの、カリフォルニア大学の一分校としてのイメージを払拭し切れずに、1951年にUCLAは独自の学長を置きカリフォルニア大学バークレー校の一分校からの独立運営を行なおうとする。こうしたバークレー校との対立関係が激化する中で、1960年にUCLA学長に選出されたフランクリン・マーフィーの運営改革によって、UCLAはバークレー校からの完全な独立を果たす事になる。

 UCLAはアメリカ合衆国の高等教育・研究機関を持つ有数の名門大学として世界的な知名度を持つ。学部課程への出願数は全米最多であり、2008年度の4000人の定員に対して55401人が出願している。学部課程への合格率は米国人で20%、留学生で15%、その入学難易度は最難度の大学となっている。更に、2008年時点での同大学卒業生及び関係者のノーベル賞受賞者数は、卒業生6人、在籍教員6人と合計12人。また、スポーツ分野でもNCAA(全米大学スポーツ連合)過去最多の優勝数を有しており、プロスポーツ界への選手輩出も多い。校是は"Fiat lux"(そこに光あれ/Let There Be Light )

 UCLAの学部は:経済学、政治学、社会学、歴史学、心理学、物理学、数学、化学、生物学、工学、芸術・建築学、シアター・フィルム・テレビ学を設置し。研究科には:医学大学院、経営学大学院、法科大学院、行政学大学院、公衆衛生学大学院、教育学大学院、芸術・建築学大学院などがある。

[大学ランキング]
 2012年度世界大学ランキング、総合:第13位、社会科学分野:第8位、人文科学分野:第14位、生物科学分野:第10位、医学分野:第9位、自然科学分野:第9位、情報科学/工学分野:第8位。

 2006年度 NEWSWEEK世界大学ランキング:第12位
 2011-12年度 QS世界大学ランキング:第34位、2013年 第40位
2012年度 US NEWS大学学部課程ランキング:全米大学総合 第25位、全米州立大学 第2位
 2012年度US NEWS大学院ランキング 経済学:第14位、歴史学:第9位、政治学:第11位、心理学:第3位、社会学:第9位、英語学:第10位、物理学:第19位、化学:第16位、 生物学:第24位、工学:第16位、数学:第8位

 Times Higher Education World University Rankings
2011年度 13位、2012年度 13位、2013年度 12位
 The World Reputation Ranking 2013年度 8位
 Times Higher Education World University Ranking 2014-15年度 第12位、2015-2016年度 第16位、

[大学院]
 2012年度、US NEWS大学院ランキング: 医科大学院:第13位、法科大学院:第15位、経営学大学院:第15位、教育学大学院:第6位
 ※ 注: Wikipedeaより引用


【UCLAブランド】
 UCLAの衣類やアクセサリーなどが国内外でも販売されている。その第一の理由が、UCLAの学問性とスポーツ部門に於ける名声と知名度に人気が集中傾向化するのであろう。その為か、海外(アジアやヨーロッパでも人気に拍車が掛かり日本でもUCLAブランド製品は人気が高い。UCLAブランドへ海外から支払われるライセンス料は年間40万ドルに上るとされている。日本でのUCLA GOODSの売り上げは、海外に於ける売り上げの約25%に達するという。


◇ UCLA Store
 UCLAのAckerman Student Union(学生会館)内にあるUCLA Storeは、学生のみならず一般も自由に出入りが可能でストア内のUCLA GOODSを購入する事ができる。また、UCLA Storeの販売グッズはインターネットでも購入できる。
販売されているグッズには、UCLAのウェアー、ジャケット、シャツ、ポロシャツ、ハット、UCLAアクセサリー、筆記具、出版物など多数。 決算は各クレジットカード利用

UCLA Store URL: http://shop.uclastore.com/


◇ キャンパス・ツアー
 UCLAは419エーカー(1.696k㎡)の広大な敷地に緑地とロマネスク調の建物などが存在し、調和の取れた優れた大学環境と美しい景観を有するために観光名所としても知られている。また、ハリウッドに近いという地理的理由からも世界中からの観光客が訪れている。そうした中で、大学訪問者向けの学生ガイドによるキャンパス・ツアーが年間を通じて実施されている。 ※キャンパス・ツアーに関しては下記にて案内


UCLA校門、UCLAには大学正門は無く、大学内への入り口(門)がキャンパス敷地の四方至る所にある。

a0247978_16071998.jpg





[キャンパス・ツアー案内]
 キャンパス・ツアーは大学の都合や行事・諸事情以外には毎日実施される。ここでは学生ボランティアによるガイド付きの一般的なキャンパス・ツアーを紹介する。

◆ キャンパス・ツアーの日程と時間およびツアー参加予約の仕方
 UCLAのキャンパスツアーは全てが予約制となる。予約はUCLA公式サイトの「キャンパス・ツアー」にあるAdmission Officeへ送られる電子メール機能を利用する。

 電子メールでの予約記入事項:CAMPUS TOURS RESERVETIONのカレンダーからツアー参加したい月日を選ぶ、次に午前・午後の部を選択、参加人数を入力し、続いて必要事項を入力する。ファーストネーム、ラストネーム、生年月日、E-mail、E-mail再入力、アプリケーションID、UCLA ID、件名、質問  ※UCLA IDとは、UCLAより送られてくるメールに記載されている9桁の番号
自動車を交通手段に利用するツアー参加者には、UCLAより送られてくるメールにて利用する駐車場が指定される事がある。駐車場の利用に関しては、下記UCLAのツアー案内URL又は当該ブログの第二章を参考にする事。

 ◇ 個人または小グループ(9人またはそれ以下(1人参加可))
  少なくとも3~4週間前に事前予約要

 ◇ 大規模なグループ(10人以上)
  少なくとも4週間前に事前予約要

  ツアー開始時間: Mon - Fri 10:15am~  所要時間:約2時間
                      2:15pm~
                  Sat 10:15am~
        Finals week Tour 12:15pm~

        
※キャンパス・ツアー参加事前に、UCLA公式サイトからセルフガイド・ツアーのパンフレット及び地図をダウンロードして具備する。

◇ Webサイト:UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校 )公式サイト
http://www.ucla.edu/

◇ UCLA Campus Tour 案内URL:
http://www.admissions.ucla.edu/prospect/tours.htm

◇ Campus map
http://maps.ucla.edu/campus/
http://www.ucla.edu/pdf/ucla-campus-map.pdf

◇ Parking
https://main.transportation.ucla.edu/campus-parking/visitors











by ex-bluemail | 2014-02-23 01:51 | Campus Tour | Comments(0)

Campus Tour 第二章 UCLAへの道

University of California, Los Angeles


Ⅱ The Way to UCLA

 10月8日、UCLAのキャンパスツアー当日は、LAX国際空港近くの宿泊ホテルからレンタカーで州間高速道路405号線(San Diego Fwy)を走りUCLAへと向かう。ロサンゼルスの天気は旅行最終日の雨を除けば雲一つ無い快晴であった。当にカリフォルニア・ブルーそのもので、そうした青い空の下で車を走らせるのは実に清々しく気持ちの良いものである。
それに、流石にアメリカは自動車大国だけあって、クルマの数も多くロサンゼルスの市街地を走る高速道路は片側が6・7車線は決して珍しくない。但し、片側の車線が多いだけに走る車の車線変更による左右移動走行が複雑で、交通ルールを知ってか知らないのか…、ルール無視の走行車も少なくはない。事故の誘発・遭遇だけは回避したいもの…。 UCLAへ行く交通手段としてはレンタカーやバスなどを利用する事になるが、ここでは、その交通移動の手段と方法について案内する。
 ※ UCLAまでの所要時間は、LAX to UCLAで交通渋滞や事情により異なるが20分~40分位。




自動車(レンタカー)による交通移動方法
 UCLAへ自動車で行く方法には、州間高速道路405号線(San Diego Fwy)を走り55Bの出口で降りるか次の57Aで降りる方法とがある。
① 先ず55B出口を出ると突き当たりの道路Wilshre Blvdを右折する。そして、次の交差点を左折しVeteran Avenue(UCLAの外周右方向回り) →Sunset Blvdを右折し、更に進むと次の信号機のある交差点(Westwood Plaza)を右折 →サッカー場の地下入り口へ進むと目的地の駐車場P4(parking 4)に到着。

② 55B出口から突き当たりのWilshre Blvdを右折し、進むと三つ目の交差点(Hammer Museumの建物)を左折し、West Wood Plazaの二つ目の交差点を右斜めに進む →West Wood Plaza(UCLAの中央入り口のUCLA MEDICAL CENTER)へと進み、更に進む →Parking 6に到着。

③ 前の②の三つ目交差点(Hammer Museum)を左折し、次の交差点を右折してHilgard Avenue(UCLAの外周左方向回り)を進んで →途中にあるUCLA入り口に入らず暫く走り続けると突き当たりの交差点で左折してSunset Blvdへと進む、更に次の信号機のある交差点(Westwood Plaza)を左折 →サッカー場の地下入り口へと進み駐車場P4(parking 4)へ到着。

④ 次に57Aを降りる方法では、57Aを出ると突き当りの道路W Sunset Blvdを右折する。 →更に進みBeteran Aveとの交差点を更に直進して(Sunset Blvd)、→信号機のある交差点(Westwood Plaza)を右折し、サッカー場の地下入り口へと進むと駐車場P4(parking 4)へ到着。

 キャンパスツアーに参加する場合、主に大学内の有料駐車場を利用する事になるので、P4(parkinng 4)の大学サッカー場下の地下駐車場を指定される事がある。その地下駐車場へ自動車で入ると空いている場所に駐車する。


 ※ 備考: UCLA有料駐車場の使用方法
 1. 自分の車の駐車番号(Stall)をメモする。
 2. 最寄の駐車料金機で駐車番号を入力する。
 3. キャンパスで過ごす時間を選択する。※駐車場によっては駐車時間帯と料金が異なる場合がある。
  {例} Parkinng 4:  Mon - Fri 7:00am - 4:29pm 20min:$1, 1h:$3, Allday:$12
 4. 現金またはクレジットカードでの支払いを選択し入力する。
 5. 受け取ったレシート(兼駐車証)は自分の自動車の運転席側のダッシュボードの上部に、外部から見え確認できるようレシートを表向きに表示する(置く)。
 
  次に、地下駐車場の階段を昇り地上に出ると、集合場所に指定されているPAULEY PAVILIONへと向かう。





◇ バスによる交通移動方法  
Culver CityBus "⑥ROUTE♯"
 バスによる移動は、ロサンゼルス国際空港近くのCentury Blvd →Airport Blvdを左折 →96th St沿いにあるLAX CITY BUS CENTEからUCLA行き "⑥ROUTE♯ "のCulver CityBus(急行)に乗り →Sepulveda Blvd/Manchester Blvd →・・・・・・・途中省略 →
→Santa Monica Blvd  →Westwood Blvd/Lindbrook Dr →Westwood Plaza/Weyburn Ave →Westwood Plaza/Strathmore Pl (UCLA)に到着、Ackerman Turn Around
 料金: 大人片道$1 学生片道(K12)$0.75
Culver CityBus URL
http://www.culvercity.org/en/Government/Transportation/Bus/BusSchedule.aspx

 
LAX Flyway Bus  
 LAX →UCLA(Westwood UCLA)
 ■ LAX国際空港の乗車場所(UCLA行き): LAX空港到着1Fの出口を出たところにあるBUS STOP ”Fly Awy Buses Long Distance Vans”の緑色の表示の場所から乗車する。
 ※LAX国際空港での乗車場所の詳細は、「USA旅行記編 第一章 ロサンゼルスとグランドキャニオン」で掲載しているLAX国際空港内の乗車マップを参照。

 ■ Westwood Flywayの乗車場所(LAX行き): UCLA駐車場 №32(バスベイ№1 STOP)
 UCLAからWestwood BlvdをWilshire Blvdに向かって進むと、→途中のKinross Aveを右折
 →進んで三つ目の交差点で(Kinross AveとWeyburn Plが交差する所)の場所にUCLA駐車場№32がある。

  料金: 大人片道$10、子ども片道$5 (往復利用可能)  所要時間: 25~45分
 LAX発: 1時間に1本運行 6:00am 7:00am 8:00am 9:00am ・・・ 11:00pm
 Westwood発: 1時間に1本運行 6:00am 7:00am 8:00am 9:00am ・・・ 10:00pm
 ※ 土日の運行時間帯は公式サイトで参照
LAX Flyway Bus URL
http://www.lawa.org/welcome_lax.aspx?id=292


※ 備考:
•料金(運賃)は、ビザ、マスターカード、アメリカンエキスプレス、デビットカードのみ使用(現金払い不可)
•事前にシャトルまたはオンライン上の個人での購入チケット
•子供の年齢5歳以下無料

 ■ フライアウェイの特長:
•ノンストップサービス
•無料のWi-Fiサービス
•リラックスした雰囲気
•各端子のカーブサイドドロップオフ
•リクライニング席
•片道または往復のオプション
100パーセントクリーン燃料(CNG)バス
•UCLAの立体駐車場№32(UCLAでのLAX行きバス乗車場)






UCLA Parking 4での駐車料金レシート兼駐車証
※ 駐車料金レシートで示す ”Stall ♯4400” がストール番号(駐車番号)
a0247978_106656.png





























Los Angeles International Airport (LAX 国際空港) →UCLAへの地図
a0247978_2244266.png
 ※ 訂正、上地図で示されている州間高速道405号線のSan Diego Hwyは、正確にはSan Diego Fwyです。
 




UCLA Campus MAP 
※地図はUCLA.edu公式サイトより転載

※ MAP詳細(拡大)は、UCLA.edu公式サイト http://www.ucla.edu/pdf/ucla-campus-map.pdf





by ex-bluemail | 2014-02-22 15:10 | Campus Tour | Comments(0)

Campus Tour 第三章 UCLA

University of California, Los Angeles


Ⅲ UCLA

 UCLAはスポーツ分野に於いても目覚しい活躍と優勝経歴を持っており、全米でも強豪を誇るチームとして知られているのがブルーインズ(Bruins)。このBruinsと呼ばれるのがUCLA大学マスコットの熊(Bruin Bear)である。 チーム・カラーは"True Blue"と呼ばれる青と金(このカラーは、全カリフォルニア大学システムに共通)。そして、UCLAには大学のマスコットにもなっている熊の像(Bruin Bear)がある。

 Bruin Bear像のあるBruin PlazaはUCLAのキャンパス中心部に位置しており、周辺にはWooden Center, Morgan Center, Ackerman Student Unionなどがある。近くにはブルーインズのバスケットボールの活動拠点である伝統的なPauley Pavilionがある。
其処にはUCLAの西側にある学生寮と東側のキャンパス間の経路でもあるBruin Walk(通路)がある。その通路は学生寮がオリンピック村として選手を収容する際に、またテニス競技場、サッカー場、スタジアムやトレーニングセンターなどの各施設の建設と共に、1984年夏季オリンピック開催の為に再設計された。学生が最も往来する賑やかな場所であるだけに、各クラブは学生を募集したり、活動家は請願の為の署名を呼び出すなどキャンパスの主要な動脈となっている。

 補足として、この位置にあるWooden Center(写真は無い)は、レクレーション、トレーニングの設備があり、大学のバスケットボールのコーチJohn Woodenに因んで命名された建物がある。彼Woodenのリーダーシップの下で、ブルーインズは(連続7)12年スパンで10のナショナルを獲得した。
このWooden CenterのあるBruin Plazaのほぼ真向いに位置する建物がAckerman Student Union(学生会館 )、UCLAの関連学生(ASUCLA)を開始したテニスコーチWilliam Ackermanに因んで命名された。この建物はキャンパス内の学生生活を集中管理する事を意図して、1961年にUCLAの卒業生であり建築家でもあるRebecca Binderによって設計デザインされ建てられた。1997年にはリニューアルオープンし学生会館として機能している。
この建物の中はハンバーガーやエステニック料理を提供するレストランなどがある。アーケード、菓子店、写真館、ヘアサロン、簡易郵便局、大学信用組合、ATMなども併設している。UCLA Storeは、Bruin Wear、教科書、ノート、PCなども販売している。勿論、此処はUCLAの学生のみならず、観光者や一般も自由に立ち入る事が出来るだけに積極的に利用すべきである。




Ackerman Student Union(学生会館 ) ※画像はUCLA公式サイトより転載
a0247978_2130233.jpg



Pauley Pavilion
a0247978_11562634.jpg





a0247978_21280391.jpg



a0247978_21052737.jpg



a0247978_21060474.jpg



a0247978_19053349.jpg
※画像転載:Bruin Busketbollreport.com, Wall kabegami.com, Why not? Fantasy NBA





 
 ところで、UCLAのマスコットに使用されている熊であるが、これはカリフォルニア州旗にも描かれているカリフォルニア・グリズリー(ハイイログマ)である。アメリカのカリフォルニア南部に生息していたが、1924年セコイア国立公園で1頭のハイイログマが数回目撃されたのが最後の記録であり、以後、絶滅したとされている。成長すると体長1.8~3m、体重は130~680kgとかなり大型の熊である。カリフォルニア州旗として描かれているのは、1840年代の当時メキシコ領であったカリフォルニアで反乱を起こしたアメリカ人が旗印として採用したのが起源、1911年にはカリフォルニア共和国の旗として正式に制定された。「勇敢と強さ」を象徴している。


カリフォルニア州旗

a0247978_14282168.png














UCLAのBruin PlazaにあるBruin Bear Statue この熊の像は高さ約183cm、全長約305cm、重量約2000kg、像は協会の50周年を記念して、1984年にUCLA同窓会によって贈られている。
a0247978_11363534.jpg



Kerckhoff Hall
 1931年、ウエストウッドのキャンパス地に第一学生会館が建てられた。Wiliam G. Kerckhoff氏の意思を実現する為に、彼の妻Louise Kerckhoffによって資金71万5千ドルの提供(寄贈)による建物。Louise kerckhoffは、建物が夫の記憶に名誉を与える事。その為に、その建物や建物に使用される材料が彼女の要求すべく厳格な基準を満たしている事を確認する為に毎日のように建設工事現場を訪れていたという。彼女も又、完全な設備提供の為に10万ドルを寄贈している。Kerckhoffの人生の詳細は建物の中に埋め込まれている。
a0247978_14315286.jpg




a0247978_1434271.jpg


Kerckhoff Hall
 Kerckhoff Hallは、UCLAの元学生会館の建物。喫茶店などがり、UCLAの新聞を含む多くの学生が運営する団体の本拠地である。
a0247978_14463099.jpg


Knudsen Hall
 数学的模様が施されている、質量とエネルギーの同等性が印象的な建物
a0247978_14492394.jpg



Inverted Fountain (反転の泉)
 一見すると奇妙な物だが、水が吹き出るのではなく、中央に穴があり水が中に流れ込む仕組みになっている。反転の泉は、アメリカのイエローストーン国立公園にある天然温泉に触発された物で、それまでの伝統的な噴水とは異なる逆の噴水(泉)である。1986年Howard Trollerの設計によって造られたもので、毎分10000ガロンの水を再循環させている。 以来、この反転の泉は学生に人気のある娯楽の場所ともなっている。
a0247978_1450541.jpg



Kinsey Hall "Humanities Bldg" 1929年に建てられたUCLA最初の4施設の一つ
a0247978_14511667.jpg



Dickson Court Sorth
 今回のキャンパス ツアーは幾つかのグループに分かれて行動した。写真の青いシャツを着た女性は、キャンパスツアー、UCLAのボランティア学生ガイド。持ち前の性格なのか、陽気で明るい性格。ハキハキした流暢な口調で元気一杯にキャンパスを回りながら案内してくれた。
a0247978_14523040.jpg




a0247978_14534337.jpg




a0247978_14542360.jpg




a0247978_1455266.jpg



SCHOOL OF LAW
 カリフォルニア弁護士会の認定を受け、1947年UCLA法科大学院(ロー・スクール)が設立、1949年9月に開始され、法科大学院の校舎は1951年に完成する。翌1952年には法科大学院の先駆者クラス44人が卒業した。この最初のクラスを迎えた法科大学院は、米国でも最も若いトップランクのロー・スクールであり、南カリフォルニアで唯一、公共の法律学校でもある。
a0247978_11384735.jpg




a0247978_11403112.jpg



Dodd Hall
 ドッド ホールは1946年~1961年までの科学大学の学部長であったPaul Doddに因んで命名された。人文科学、生命科学、物理化学、社会科学、彼の在職中に文学と科学大学は4つの主要分野に革命を齎している。ドッドは大学の特別プログラムを制定した。
a0247978_12551980.jpg




a0247978_12555354.jpg



Royce Hall (裏側)
a0247978_12562377.jpg



Royce Hall
 1929年に建設されたロイス ホールは、Josiah Royceという当時の主要な哲学者の名前を用いて命名されている。UCLAが始まった当初から存在するキャンパスの建物で、当時から建築された4施設の一つであり、UCLAの象徴的な存在。 
この建物は、イタリア北部(ミラノ)にあるエレガントなロマネスク様式の大聖堂をモデルにしたもので、建築家のDavid Allisonによって設計された。講堂は1833人もの収容席があり、世界の多種多様な著名な芸術家などが演奏を行う事でも知られている。このステージに登場した著名人には、アルバート・アインシュタイン、ジョン・F・ケネディー、フランク・シナトラ、エラ・フィッツジェラド、ジョージ・ガーシュウィンなどがいる。

【1929年、建設された当時のUCLA4施設】
 写真に向かって左奥がPowell Library、右奥がRoyce Hall、左手前がKinsey Hall、右手前がHaines Hall、中央がDickson Court Bridge(Arroyo Bridge)
 ※ 写真画像は、UCLA.edu公式サイト”History”より転載

a0247978_12393939.jpg


a0247978_18425595.jpg



【1930年頃のUCLA 、400エーカーのキャンパス敷地と施設】
[画像下] キャンパス敷地に最初の4施設(左奥にRoyce Hall、その左手前がPawell Library、右奥にHaines Hall、右手前がKinsey Hall と更に第5の施設Moore Hall(最も手前)が建っている。当時は、Haines HallとKinsey Hall側に渓谷と橋Dickson Court Bridge(Arroyo Bridge)があった。この橋はウエストウッドの渓谷上に建てられた物で、1927年のウエストウッドのUCLAキャンパス建設と共に始まる。
ローマの水道橋スタイルをモデル化し、橋の壁は3巨大なアーチで象嵌し、ロマネスク様式が複雑なロゼット・ダイアモンドパターンと刻まれた石炭岩などで特色されたもので、全長約86.9m、幅約22.9mの橋 。現在、この橋は無く、渓谷の埋め立てによって橋のアーチはDickson Plazaの地下に埋もれた状態になっており、その渓谷の部分はDickson Court Sorth, Dicksom Court Northになっている。※ 写真画像(上、下)は、UCLA.edu 公式サイト” History”より転載


[画像上] 左上がRoyce Hall、右上にHaines Hall、手前がDickson Court Bridge(Arroyo Bridge)
a0247978_1254721.png

[UCLA当初に建設されたキャンパス4施設]
a0247978_12402394.jpg



Royce Hall 、Hall前の広場(Royce Hall と Pawell Library 間の広場)はDickson Plaza
a0247978_11430331.jpg




a0247978_11431750.jpg



Royce Hall (入り口内部)
a0247978_12581175.jpg




a0247978_12583223.jpg




a0247978_11505790.jpg




a0247978_22473349.jpg



Powell Library  
※ 写真は、UCLA.edu Undergraduate Admissions "SELF GUIDED TOUR"より転載

 UCLAの図書館郡には800万冊以上の蔵書がある。UCLA最古のパウエル図書館は、UCLAが1928年に建築した最初の4施設(Powell Library, Royce Hall, Haines Hall, Kinsey Hall)の第一の建物である。人文社会科学の為の主要な図書館であり、1944年~1961年まで大学図書館に務め図書館学研究科の史書の学部長であったLawrence Clark Powellに因んで命名されている。
 
 このパウエル図書館は大学図書館施設の中心的存在で学生に幅広く利用されている。特に、定期試験期間中は24時間利用可能となっている。200+コンピューター、800+読書席などがある。
a0247978_13241596.jpg



Powell Library(裏側)
a0247978_11482960.jpg




a0247978_13261011.jpg




a0247978_13273122.jpg



Janss Steps
 ジャニス階段は87階段を有するもので、大学創立当初から大学内部への入り口でもあった。前方にWilson Plaza、サッカー場、そしてDrakeスタジアム、更に前方の彼方(丘)には9500人程の学生が生活している学生寮が見える。
このジャニス階段は土地を売却したJanss兄弟に因んで命名されている。階段両脇の芝生では複数の学生が腰を下ろし読書をする者、勉強する者、寝そべって昼寝する者…、学生の夫々が思い思いの時間を過ごしている。10月の気温の高い昼下がり、木々や葉の間から差し込む陽射しが眩しくも感じられる。
a0247978_13282295.jpg




a0247978_22483171.jpg




a0247978_13293618.jpg



Kaufman Hall
 Kaufman Hallは、最初は女子体育館として設計され、1932年にイタリアのロマネスク様式をスタイルに建造されたもので、2005年にアメリカの慈善家であるGlorya Kaufmanによる1800万ドルの資金提供で改造、修繕されている。現在、このホールは世界芸術及び学芸部であるダンス研究とダンス実行の場として使用されている。WAC部門別カフマンホールは、カフマンガーデン中庭、カフマンガーデン劇場、カフマンホール・ダンス劇場、北プールなどがある。
a0247978_13302035.jpg




a0247978_13304295.jpg



Student Activities Center
 Janss Stepsの前にあるWilson Plazaを挟んでKaufman Hallと向かい合って建っているのがStudent Activitise Centerである。このセンターは1932年に建造された物で、UCLA最初の屋内男性用ジムとして学生のレクリエーション施設であったが、現在は中央体育館、大学対抗スポーツ、屋外スイミングプールなどがあり、複数のキャンパス組織を持っている。
a0247978_13311268.jpg



Janss Steps & Wilson plaza
 画像のJanss Steps手前でKaufmann HallとStudent Activities Centerの間に位置するWilson Plazaは、Robert Marion WilsonというUCLAの博愛主義者に因んで命名されている。
a0247978_13315026.jpg




a0247978_13322168.jpg



UCLAのキャンパス夜景、 左手前がKaufman Hall、その右側がJanss Steps & Wilson plaza、その左上がRoyce Hall、右側にPowell Library、キャンパスの彼方にはロサンゼルス市街を望む。 ※画像は、UCLA公式サイトより転載
a0247978_8213553.jpg



Student Activities Center
a0247978_13324824.jpg




a0247978_13331061.jpg



Soccer Field
a0247978_13334215.jpg










by ex-bluemail | 2014-02-21 09:13 | Campus Tour | Comments(0)