その地に足を踏み入れて何を思う…。 気の向くままに旅立ち、その地に足を踏み入れる。青い空と海と広い大地が自身を包み込んでくれる。流れる雲の如く、大地を駆け巡り、陽の光を浴びては風に踊りて空に舞う。


by Tasogare

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Translate Tool

FX初心者の入門講座
  • ブログに掲載されている写真・画像等を、著作者の許諾無くして複写・転写・転載する事を固く禁じます。

検索

カテゴリ

全体
USA旅行記
Campus Tour
NZ旅行記

記事ランキング

最新の記事

USA旅行記編 ロサンゼルス..
at 2018-10-03 09:43
USA旅行記編 第三弾 カリ..
at 2018-09-15 00:38
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:40
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:39
USA旅行記編 デス・バレー..
at 2018-08-01 00:31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2014年 02月
2013年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

画像一覧

外部リンク

最新のコメント

> みやけさん  ② ..
by ex-bluemail at 21:30
> みやけさん  ① ..
by ex-bluemail at 21:29
> みやけさん 追申、..
by ex-bluemail at 03:02
とても魅力的な記事でした..
by 職歴の書き方 at 12:07

ファン

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

☆ Privacy Policy

ブログジャンル

旅行家・冒険家
旅行・お出かけ

Campus Tour カリフォルニア大学 バークレー校

University of California, Berkeley (UCB)
Campus Tour Part 3




3. UC Berkeley

 サンフランシスコ國際空港近くからUCバークレーを目指して車で移動する訳であるが、途中でSan Francisco-Oakland Bay Bridgeを渡らずに、そのまま国道101号線でゴールデン・ゲート・ブリッジを渡る事によって、州間高速道580号線を通りリッチモンド-サン・ラファエル橋(Richmond-San Rafael Bridge)を渡るとリッチモンドを通ってバークレーに入った。車での移動でもあり、当日のUCバークレー周辺の至る所で道路工事が行われており、そうした事情から交通の不便も重なり大学内に到着するにも多少の遅れを来していた。キャンパスツアーの集合場所となるカリフォルニア記念スタジアム一階にあるKoret Visitor Centerに到着したのは午前9:45分頃である。

 集合場所でツアー参加の受付をしている多くの参加者に雑じり、集合場所でツアー開始時間を待つ事になる。やがてツアー開始となると、ツアー参加者は建物から外に出てカリフォルニア記念スタジアムを起点にキャンパスツアーが開始する。参加者の多くは10・20代の若者が多いが、中には40代から60代といった人達もいる。それぞれが大学に関心や興味を持っている者達なのであろう。将来は此の大学へ進学するのか…、我が子を進学させたいのか…、又は観光地の名所を観て周るような感覚でツアーに参加している者もいる。今やアメリカの観光地と限らず、名門校と称される大学でのキャンパスツアーは観光名所巡りのような感覚での参加者も少なくはない。実際、何処の名門校でもそうであると思うが…、学生以外の多くの若者や一般の人などが、国内だけではなく国外からも訪れる人は少なくはなく、実に多くの観光者なども大学を訪れている。私も過去に東部の名門大や西部でのスタンフォード大やUCLAなどを幾度か訪れている。そんな大学のキャンパス内の建物を観て歩くだけではなく、時に学生と雑じり学食を食べるのも、多くの学生を見ては自分の学生時代の若き頃の姿を想い出す事もあり、キャンパス内のベンチに腰を下ろしては物思いに耽るも…、人それぞれに思い思いの時間を過す事ができる。その意味では、名門と称される大学は何処でも観光名所ともなっているようである。




a0247978_20080147.jpg
California Memorial Stadium 
 キャンパスツアーの集合場所となっているKoret Visitor Centerのあるカリフォルニア記念スタジアム(California Memorial Stadium)。1923年に大きな競技でスタンフォード大を倒すためにCalにオープンしたという。その隣にあるマックス・ウェル・ファミリーフィールドには、スタジアム・ガレージ(公共駐車場)があり440台の駐車余地を持っている。



a0247978_20092235.jpg
 キャンパスツアー開始、これまでに参加したアメリカの大学でのツアーガイドは現役女子学生が殆どである。何処の大学でもツアーガイドは実に明るく陽気で活発である。その様にツアーガイドでの活動は積極的で熱意が感じられる。実際、あらゆる分野でリーダーシップを求められるアメリカ社会では、大学入学の審査基準にもそれまでのボランティアなどで活躍(リーダーシップ)した経験が問われる。これは日本の大学の入学基準には無いものだが、アメリカの大学では、日本の大学の様に入試の合否で決まるのではない。第一アメリカの大学には入学試験は無い。今迄の学校の成績(GPA)、SATやTOEFLの点数、課外活動、エッセイや面接などにより、入学志願者を総合的に審査して、当大学の入学に相応しいか否かを判断する。そのようにSATやGPAなどのスコアは高得点であっても決して合格が保証される訳ではない。特にUCバークレー校では、学業以外のボランティアなどの課外活動を重要視する傾向があり、何らかの組織のリーダーを経験(リーダーシップ)した人物を好む傾向がある。実際、UCバークレー校の学生は勿論であるが、入学志願者の殆どが高いGPAやSAT、TOEFLのスコアを有しており、更には課外活動や各分野のリーダー経験をも有する者が多いだけに、入学審査の競争はかなり厳しいものとなっている。




a0247978_20205980.jpg
Haas School of Business 
 ハース・スクール・オブ・ビジネスは中央に中庭と周囲に4つの建物を有するキャンパスであり、2つの教室を有する建物Cheit Hall, Chou Hallや講義室、セミナール・ルームなど最先端の技術を備えたコンピューター・ラボなどがある。




a0247978_20213389.jpg
 カリフォルニア州立大学は何処の大学でも熊の像が設置されている。また熊の着ぐるみやイラストなどがイメージ・キャラクターやマスコットであったりと大学のスポーツ競技などでも多く用いられている。それだけに熊はカリフォルニア州立大学の象徴となっている。この熊はカリフォルニア・グリズリーといい、嘗てはカリフォルニア州の南部に生息していたもので、体長が1.8~3m位、体重は130~680kg位であるが、最も大きい物になると体長3メートルを遥かに超えて体重が1トン近くにもなる大型の熊である。1924年頃にカリフォルニア州のセコイア国立公園で数回の目撃記録があるだけで、それ以降は絶滅したとされている。

 ところで、カリフォルニアの州旗に描かれている動物も熊である。そのカリフォルニア州旗に描かれているカリフォルニア・グリズリーは、1840年代、当時メキシコ領であったカリフォルニアで反乱を起こしたアメリカ人が旗印に用いた事が起源となっている。それは熊の様な「勇敢・強さ」を象徴したものであった。以後、カリフォルニア・グリズリーをモチーフとして用いた旗は、1911年にカリフォルニア共和国旗として、更にはカリフォルニア州旗として制定され現在に至っている。熊というと決まって獰猛なイメージが強く、その様な熊の像も多いものなのだが…、UCバークレーで観た熊の像は表情が何処となく愛くるしく…、観ているだけでも気持ちが和むものがある。




a0247978_20221693.jpg




a0247978_20224623.jpg
Faculty Glade & Sather Tower(the Campanile)
 大学敷地内にある自然の森林ともいうべくファカルティー・グレードは広い庭園でもある。近くには小さな川(ストロベリー川)が流れている。静かな庭園の中を歩くと実に大きな杉の巨木が立ち並んでいるのを目にする。その杉の巨木の間を通り抜けては、大小の木々の枝の間から射し込む木漏れ日の下を散歩するには最適な場所でもある。




a0247978_20231077.jpg
Sather Tower(the Campanile)
 Campanileとは、ベルタワーを意味するイタリア語である。サァザー・タワーは高さが307フィート(93.6m)があり、John Galen Howardによって設計され$250,000で建てられた塔である。Jane K. Satherの名が付けられている。塔のカリヨン内にある61の鐘は試験期間を除いては毎日3回(朝・昼・夕)演奏される。この塔にはカリフォルニア州で最大を誇る4つの時計が備えられているもので、鐘を有する時計塔としては世界で3番目に高い。1982年に国立史跡に加えられた。また、この塔の最上階にある展望台は一般向けにも毎日開いている(有料)。




a0247978_20234032.jpg
Oppenheimer Way




a0247978_20241271.jpg
Le Conte Hall(Oppenheimer Way)
 オッペンハイマー通りは、嘗てUCバークレーで物理学を教えていたジュリアス・ロバート・オッペンハイマー教授(博士)に因んで名付けられている。オッペンハイマー博士は後にマンハッタン計画で知られる原爆の製造に大きく貢献した人物であり原爆の父とも称されている。このオッペンハイマー通りに建つレコンテ・ホール。1931年にバークレーのノーベル賞受賞者であったアーネスト・O・ローレンスによって建てられた世界で初めての原子スマッシャーのサイトである。8つのノーベル物理学賞がUCバークレーの教授に、4つがバークレー校の卒業生に授与されている。この建物は1866年にバークレー校に来た物理学者と地質学者であったジョン・アンド・ジョセフ・レコンテ(John and Joseph LeConte)兄弟の名を冠したものである。




a0247978_20244114.jpg
Le Conte Hall




a0247978_20251340.jpg




a0247978_20254664.jpg




a0247978_20265251.jpg
Hearet Memorial Mining Building
 ハーネスト記念鉱山ビル、1907年の建設で、Phoebe Apperson Hearstが夫Georgeの記念碑として資金を提供した。「平凡で正直な男と良質の鉱夫」銀色の大物、米国の上院議員。この建物は2002年に大規模な修復を受け、大地震時に建物を保護する為の最先端の耐震補強が施されている。





a0247978_20271555.jpg




a0247978_20273274.jpg
Bancroft Library & Doe Memorial Library
 バンクロフト図書館(左側)、1949年の建設で、西アジアナのコレクションの一つを含む、大学図書館の特別コレクションの多くはヒューバート・ハウ・バンクロフトのカリフォルニアと西洋の歴史の広大な図書館の19世紀の贈り物と共に創設された。このバンクロフトにはMark Twain Papers、Regional Oral History Office、カリフォルニア大学のアーカイブス、他のコレクションとアーティファクトも含まれている。




a0247978_20274775.jpg
Doe Memorial Library
 チャールズ・フランクリン・ドゥに因んで名付けられた図書館。彼は1857年にバークレー校の教師としてメイン州から来た人物である。この建物は建築家であるジョン・ガレン・ハワードの手によるもので、主要入口のギリシャの女神アテネの配置は「西洋のアテネ」になるというバークレーの願望を反映している。建物は1982年に国立史跡にされている。




a0247978_20281915.jpg
Memorial Glade
 この地は、第二次世界大戦中に建設された一時的な建物で覆われていた場所である。図書館の地下ガードナー・スタックの建設により一時的な建物は取り除かれて、広大な緑地の広場が創り出された。これにより個人的なリクレーションとインフォーマルなレジャー活動を可能としている。このグレードの西南には、第二次世界大戦で生命を失ったバークレーのメンバーを称える記念碑がある。




a0247978_20283929.jpg




a0247978_20291395.jpg




a0247978_20305835.jpg




a0247978_20312234.jpg
Valley Life Sciences Building




a0247978_20320988.jpg
Valley Life Sciences Building




a0247978_20323430.jpg
 キャンパス・ツアーでのガイドのお姉さん(ボランティアで活動している現役学生)、キャンパス内を移動する度に片手に飲料水を持ち色々と熱心に案内・説明してくれてます。実際、私はキャンパスの写真を撮る事で忙しくて…、ガイドお姉さんの話を殆ど聞いてませんでした(笑)。





a0247978_20330047.jpg
 1930年に建設されたバークレー校での建物(ミシシッピ州西部最大のコンクリート建物)は、40万フィート以上のキャンパス内で最大規模の建物ともなっている。統合生物学、分子生物学及び細胞生物学、脊椎動物及び古生物学の博物館である。この建物の外壁には動物型の飾りと8つのライフ・サイエンス分野名が刻まれている。建物内部の古生物博物館には巨大なT-Rex骨格が展示されている。




a0247978_20332394.jpg
 一般的に博物館などで展示されている恐竜の化石はレプリカが殆どである。UCバークレーに展示されている恐竜の化石は実物であるという。二階構造部分までの吹き抜けになっている一階の中央に置かれている恐竜の化石。二階部分からの撮影。何とも…、迫力のある恐竜の化石ではありませんか!?




a0247978_20342892.jpg
Valley Life Sciences Building




a0247978_20351750.jpg
Haas Pavilion
 1933年にハーモン・ジムとして建てられたものであるが、バスケットボール競技場やスポーツ施設のハス・パビリオンとして1999年に再建されたものである。Haas Pavilionは、Walter A. Haasに因んで名付けられているもので12000席を有する複合施設となっている。





a0247978_20353478.jpg
Cross Sproul Path




a0247978_20355648.jpg
Cross Sproul Path & Lower Sproul Plaza(右側)
 前方のスプロール・ホールと手前の建物はマーティン・ルーサー・キング、ジュニア学生連合(ASUC Student Union:Martin Luther King Jr. Building)、2015年に再建された建物で学生ストア、レストラン、ラウンジ、パブ、書店、情報センター、多文化センター、芸術スタジオ、コンピューターラボなどがある。




a0247978_20361718.jpg
The Ludwig's Fountain in Sproul Plaza (ルートビィヒの噴水)




a0247978_20364198.jpg
Sproul Hall & Sproul Plaza(& Sather Rd)
 1941年に建設された建物で、財政援助、レジストラ、大学院課、入学、広報などがある。このホールの名称となっているロバート・ゴードン・スプロール(Robert Gordon Sproul 1891-1975)は、1913年にバークレー校の卒業生(工学士号取得)であり、バークレーに本部を置くカリフォルニア大学(UC)の第11代学長に就任した最初のカリフォルニア人(1929年6月-1958年(28年間の学長就任期間))でもあった。スプロール学長はこの在任期間の時代に一流大学を参考とした学内改革や更には積極的に著名研究者招致を行い、バークレー校を世界的な評価を得るまでに成長させている。バークレー校は1934年に米国教育協議会による高等教育機関ランキングでは10位であったが、1942年にはハーバード大学に次いで全米第2位に躍進している。

 また、このスプロール・ホールの新古典主義的な建物は、バークレー校の歴史上では学長やトップ管理者のオフィスを収容していたが、1964年には「フリー・スピーチ運動」による学生達が繰り返し占拠した建物である事でも知られている。このフリー・スピーチ運動(Free Speech Movement)での主導者(政治活動家)であったマリオ・サビィオ(Mario Savio 1942-1996)が、フリー・スピーチ運動で最も有名な演説(1964年12月2日、歯車の上のボディー演説 ”Bodies upon the gears”)を行ったスプロール・ホールの階段は、1997年1月1日にマリオ・サビィオ・ステップス(Mario Savio Steps)と改名されている。




a0247978_20370680.jpg
Sather Gate
 サァザー・ゲート、大学の正門は大学敷地内に入る所に設置されいる事が一般的である。UCバークレーで最も顕著に知られている此の門は、一般公道から大学敷地内に入るサァザー・ロードを通り、スプロール・ホール前のスプロール・プラザを抜ける処にサァザー・ゲートがある。外部からの不法な進入を防ぐというような門ではない。現在のリベラル的な大学は何処でもそうなのだが、日本の大学でも正門や周囲の門は廃止なり除外されている。何時でも誰でもが大学敷地内に自由に出入りする事ができるのである。それだけ学生に限られず一般の人々にも出入りが自由に開放されている。この日は金曜日であったが、バークレーの学生以外にも多くの若者・子どもや大人達の姿を見掛けた。




a0247978_20373925.jpg
Wheeler Hall
 1917年の建物で、ウィーラー・ホールは1889年 - 1919年にバークレー校の黄金時代に大学学長に任命されたベンジャミン・イデ・ウィーラーに因んで命名されている。フランスのバロック様式のファサードにはアーチ型の出入口があり、中央にはイオンカラムが、壺型のランプで飾られた吹き抜けがある。




a0247978_20375769.jpg
South Hall
 1873年の建設でバークレーキャンパスの中で最も古い現存する唯一の建物でもあり、スコットランドの建築家David Farquharsonによって設計されたレンガ構造は第二帝国様式とする珍しい建物でもある。バークレーの長い歴史の中でサウス・ホールは、1879年にアメリカで最初の物理学研究所、ビジネス・スクール、そして州の地質学的調査の為の博物館でもあった。




a0247978_20382463.jpg
Sather Tower(the Campanile)

※ 記載内容に関しては、UCバークレー公式サイトより出典・引用




【動画】 Mario Savio addresses the crowd from Sproul Hall Steps - December 2, 1964



「私たちは次のように話しました:カー学長が電話会話の中の摂政の中からより自由な何かを実際に得ようとしたら、どうして彼はその旨を公表しませんでしたか?そして、善意の自由主義者から受け取った答えは、次のようなものでした。「会社の責任者が取締役会に反対して公然としていると想像してみませんか?」それが答えです!

さて、私はあなたに検討を要請します:これが会社であり、摂政会が取締役会である場合、実際にカー学長がマネージャーであれば、それから私はあなたに何かを教えます。教員は従業員の束であり、我々は原料です!然し、私たちは、私たちに何らかのプロセスを齎す事を意味するものではない原材料の束です。どの製品にも作られてはいません。大学のクライアントによって買収される事を意味するものではありません、彼らは政府ですか、産業ですか、組織化されているのでしょう、彼らは誰ですか?私たちは人間です!

マシンの操作が非常に厄介になる時があります。あなたは心が病気になり、参加できません。あなたも受動的に参加する事はできません。そしてあなたは、あなたとの身体を歯車と車輪に乗せなくてはなりません…操作上、すべての装置上に、あなたはそれを止めさせなければなりません!そして、あなたは、あなたはそれを運営する人々に、それを所有する人々に指示しなければなりません。あなたが自由でなければ、マシンはまったく働く事ができなくなるのです。」

[歯車の上のボディー演説 "Bodies upon the gears"] 1946年12月2日、マリオ・サビィオはスプロール・ホールの階段から群衆に語り掛けます。






by ex-bluemail | 2018-08-15 00:39 | Campus Tour | Comments(0)