その地に足を踏み入れて何を思う…。 気の向くままに旅立ち、その地に足を踏み入れる。青い空と海と広い大地が自身を包み込んでくれる。流れる雲の如く、大地を駆け巡り、陽の光を浴びては風に踊りて空に舞う。


by Tasogare

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Translate Tool

FX初心者の入門講座
  • ブログに掲載されている写真・画像等を、著作者の許諾無くして複写・転写・転載する事を固く禁じます。

検索

カテゴリ

全体
USA旅行記
Campus Tour
NZ旅行記

記事ランキング

最新の記事

USA旅行記編 ロサンゼルス..
at 2018-10-03 09:43
USA旅行記編 第三弾 カリ..
at 2018-09-15 00:38
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:40
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:39
USA旅行記編 デス・バレー..
at 2018-08-01 00:31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2014年 02月
2013年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

画像一覧

外部リンク

最新のコメント

> みやけさん  ② ..
by ex-bluemail at 21:30
> みやけさん  ① ..
by ex-bluemail at 21:29
> みやけさん 追申、..
by ex-bluemail at 03:02
とても魅力的な記事でした..
by 職歴の書き方 at 12:07

ファン

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

☆ Privacy Policy

ブログジャンル

旅行家・冒険家
旅行・お出かけ

USA旅行記編 デス・バレー国立公園(三日目) ダンティス・ビューとハーモニー・ボラックス・ワークス

Dante's View & Harmony Borax Works(3rd day), Death Valley National Park, CA




a0247978_19404924.jpg
 州道190号線からファーネス・クリーク・ウォシュ・ロードへ入る交差点。これより道路を右折し進むとダンティス・ビュー(13マイルで)へと辿り着く。




1. デスバレー国立公園(三日目)、ダンティス・ビュー

・ダンティス・ビューへの道
 Stovepipe Wells Village →州道190号線(Furnace Creek Rd) →Furnace Creek →州道190号線(Furnace Creek Rd) →The Oasis At Death Valley →州道190号線(Furnace Creek Rd) →Furnace Creek Wash Rd →Dante's View Rd →Dante's View(距離:49.5mil=約79km/所要時間:62分)


ストーブパイプ・ウェルス・ビレッジからダンティス・ビューまでの地図



 画像手前の場所が一望できるダンティス・ビュー(ビュー・ポイント)、山頂(5705FT=1740m)にある駐車場の展望台から下りた処にある。此処ダンティス・ビューからの見下ろすバッドウォーターと全体の景観もまた格別なり。
a0247978_19420074.jpg




a0247978_19423441.jpg




a0247978_21473780.jpg



 デス・バレーの代表格の一つとされるダンティス・ビュー、此処の展望台からバッドウォーターが一望できる。まるで白い湖のようにも感じられる景観、遠くに望む山はテレスコープ・ピークである。紀元前24000年頃、デス・バレー此の一帯には巨大な塩水湖(マンリー湖)があった。その大きさは、現在のダンティス・ビューの位置をほぼ中心にして北はストーブパイプ・ウェルスの地よりも超えたグレープバイン(Grapevine)の処まで、南はアッシュフォード・ミル(Ashford Mill)までの全長に及ぶものであった。また標高3370mのテレ・スコープ山(パナミント山脈)を挟んで向こう側にはパナミント湖があったが、これ等の湖は約10000万年前から河川の水供給が減少すると塩水湖の水は次第に減少して、更なる乾燥化によってプラヤという地形が形成された。当時の水深は180数メートルであったと云われている。ダンティス・ビューから眺めると湖底の部分には白い色の塩が堆積している。周囲の岩山に含まれている塩分が雨水などの浸食によって湖底へと流れ込んで堆積したものである。※プラヤ=Playaとは、乾いた湖(Dry lake)を意味する。
a0247978_21460321.jpg




 展望台から観ると一見、湖のように見えてしまう。然し、白く見えるのは湖底で堆積された塩の結晶である。この湖底は海よりも低い海抜下282FT(-86m)にある。午後には眼下に見下ろすバッドウォーターへ行き、結晶で白く固まった塩の上を歩いている。
a0247978_21463317.jpg




 標高11050FT(3370m)の山、テレスコープ・ピーク(Telescope Peak)
a0247978_21542698.jpg



 帰路、ファーネス・クリーク・ウォシュ・ロード(Furnace Creek Wash Rd)からの眺め、砂岩肌の色が何とも美しい。
a0247978_21483267.jpg



 
a0247978_21493450.jpg




a0247978_21495614.jpg




a0247978_21501743.jpg




a0247978_21423550.jpg






2. ハーモニー・ボラックス・ワークス

 ハーモニー・ボラックス・ワークスは、ホウ砂(硼砂:borax)を産出した場所(跡地)である。ホウ砂とは鉱物(ホウ酸塩鉱物)の一種でホウ素の原料鉱物として工業的に使用される。その主な用途は耐熱ガラスの原料やエナメル塗料の原料、銀塩写真の現像液にアルカリ調整剤として添加される。植物の肥料ともなる。水溶液は弱アルカリ性となり、洗浄・消毒作用がある事から洗剤や防腐剤に使用される。
 ホウ砂(borax)は塩水湖が乾燥した場所で産出される事が多く、古くはチベットの干湖からヨーロッパへ齎されたが、19~20世紀にはアメリカ合衆国西部のデス・バレーでも産出されていた。※引用 wikipedia

 デス・バレーで採れる鉱物は食塩やホウ酸塩、滑石は堆積した蒸発残留岩に含まれているものである。デス・バレーでの硼砂は1881年に発見され、1883年にハーモニー・ボラックス・ワークスのウィリアムズ・コールマンがデス・バレーの地で精製工場を建設して1888年まで石鹸の製造や工業用に使用される硼砂の生産を行っていた。



 ハーモニー・ボラックス・ワークス(州道190号線にある入口)
a0247978_22433903.jpg




a0247978_22440513.jpg




a0247978_22443994.jpg




a0247978_10525804.jpg



 このハーモニー・ボラックス・ワークスの精製工場から精製した鉱物(硼砂)は最寄りのモハーベ(Mojave)の鉄道駅までの165Miles(265km)の距離を2頭の馬と18頭のラバ(Twenty Mule Teams)によって輸送していた。1時間に約3kmの速度で移動して精製工場と鉄道駅までの距離を30日間を要して往復したという。然し、この硼砂鉱山を支えた輸送手段は不経済とする理由から後に廃止されている。
a0247978_22444764.jpg



 ホワイト・ゴールドとも称される硼砂の精製工場、当時の画像を用いた案内板
a0247978_22453861.jpg



 当時のハーモニー・ボラックス・ワークスの精製工場
a0247978_22452675.jpg



 ハーモニー・ボラックス・ワークスの精製工場跡
a0247978_22461412.jpg




a0247978_22463063.jpg




a0247978_22472188.jpg



 硼砂精製工場の一部
a0247978_22470103.jpg



 当時、硼砂の輸送に用いた荷載車、この荷載車は馬2頭とラバ18頭(20頭)によって牽引する輸送手段(Twenty Mule Teams)であった。
a0247978_22472989.jpg






by ex-bluemail | 2018-06-30 00:11 | USA旅行記 | Comments(0)