その地に足を踏み入れて何を思う…。 気の向くままに旅立ち、その地に足を踏み入れる。青い空と海と広い大地が自身を包み込んでくれる。流れる雲の如く、大地を駆け巡り、陽の光を浴びては風に踊りて空に舞う。


by Tasogare

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Translate Tool

FX初心者の入門講座
  • ブログに掲載されている写真・画像等を、著作者の許諾無くして複写・転写・転載する事を固く禁じます。

検索

カテゴリ

全体
USA旅行記
Campus Tour
NZ旅行記

記事ランキング

最新の記事

USA旅行記編 ロサンゼルス..
at 2018-10-03 09:43
USA旅行記編 第三弾 カリ..
at 2018-09-15 00:38
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:40
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:39
USA旅行記編 デス・バレー..
at 2018-08-01 00:31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2014年 02月
2013年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

画像一覧

外部リンク

最新のコメント

> みやけさん  ② ..
by ex-bluemail at 21:30
> みやけさん  ① ..
by ex-bluemail at 21:29
> みやけさん 追申、..
by ex-bluemail at 03:02
とても魅力的な記事でした..
by 職歴の書き方 at 12:07

ファン

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

☆ Privacy Policy

ブログジャンル

旅行家・冒険家
旅行・お出かけ

USA旅行記編 サンフランシスコ旅情、ケーブルカー観光

1. ケーブルカーでのサンフランシスコ観光
 San Francisco tour with cable car

 2017年10月4日飛行機はサンフランシスコ国際空港に到着する。サンフランシスコ市内でレンタカーを借りる手続きを済ませると、宿泊先のホテルへと向かう。
ホテルでチエックインを済ませ、翌早朝の5時頃には近くのSouth San Francisco駅よりカルトレインでSan Francisco駅(San Francisco @4th & King St)へと移動する。実はカルトレインは、そのチケット(乗車券)の購入は自動券売機を利用するのであるが、その扱い方は日本の券売機とは異なる。また同じサンフランシスコ市内でもCaltrainとBART(地下鉄)では券売機の扱い方が異なる。実際、扱い方を知らないとチケットが買えない。私が初めてサンフランシスコへ来た時、かなり前ではあるが、その時は券売機の扱い方を知らない為にどうにもこうにも四苦八苦した経験がある。幸いにも通り掛かりの人に券売機の扱い方を教えてもらい購入に成功した。
サンフランシスコに初めて来た人にとって券売機の操作は悩みの種ともなる。それだけ券売機の操作方法を知ってしまえば、その先は容易に進む。

 先ず、今回はカルトレイン(Caltrain)の券売機でのチケットの購入方法を紹介したいと思う。何かと参考になれば幸いである。次に同じサンフランシスコ市内を走るBARTでの券売機の扱い方にも簡単に触れてみたい。
日本の駅とは異なり、アメリカの駅内には何処からでも入れる。改札口がある駅もあるが、殆どの駅には改札口がない。駅沿いの道路からでも簡単に入れてしまう。自転車ごとホームまでは進入できるし、列車は自転車を止める専用車両もある。駅構内に入ると、小さな券売機が幾つか設置されている。"Caltrain"と書かれた券売機である。
券売機横には、行く先の駅名が示され、その横にZONE 1、 ZONE 2といった具合に距離区間毎に料金が分けられている。北はサンフランシスコ 駅(San Francisco @4th & King St)、南はサンノゼの先にあるGilroy駅まで走るカルトレイン。行きたい駅までに示されているZONEの料金(運賃)を払いばよい。ただ、券売機操作の仕方が分からずに戸惑いつつ四苦八苦する人も少なくはない。そこでチケット券売機の使用操作方法について簡単に示したい。



2. Caltrainのチケットは主に片道券(One-Way)、当日券(Day Pass)、乗越券(Zone Upgrade)がある。画像はSan Francisco駅 (San Francisco @4th & King St)⇒South San Francisco駅までの片道券
a0247978_14410631.jpg



A. Caltrainチケット券売機の使用操作方法
①先ず、券売機でどの種類のチケットを買うかを選択する。片道であれば"One Way"を選択する(表示画面の横にある選択ボタンを押す)。
②次に、行く駅までのZoneを選択する。San Bruno ⇒San Francisco(San Francisco @4th & King St)までなら”Zone 1” 、Sun Bruno ⇒San Jose Diridon までであれば”Zone 4"という具合である。
③その次に、チケットの枚数を選択する。券売機画面に表示されている番号が枚数を示す。一枚であれば"1"の横にあるボタンを押す。二枚であれば"2"のボタンを押す。
④すると、画面に運賃料金が表示されるので、その料金を現金で券売機に投入する(貨幣でも紙幣でも使用可)。
 但し、紙幣の額が大きいと釣銭が紙幣ではなく硬貨で出て来るので、かなり貨幣が嵩張り財布が重くなるという問題もあるので、運賃料金に近い紙幣を用意して置く事も重要です。例えば、South San Francisco駅 ⇒San Francisco駅(San Francisco @4th & King St)へは、”Zone 1 to Zone”なので料金は$3.75である。ぴったりの金額硬貨が無ければ、$1紙幣4枚か、$5紙幣を使用する。
 チケットを購入した後は駅内のホームで列車に乗るのだが、駅内には改札口はない。そのままホームまで進み列車に乗り込む(ホームが幾つもある駅では、ホーム入り口に”Next Train"と表示される)。列車は二階建で何れも使用できる。列車によっては各駅停車と主な駅で停車するものとがあるので要注意。列車内では幾つかの車両毎に役割を担う車掌が車両内を移動しているので、車掌の指示に従いチケットを提示する。
今回、券売機の画像を撮影してないので、詳細には述べられないので悪しからずに。


B. 地下鉄(BART)チケット券売機の使用方法
同じサンフランシスコでもCaltrainと地下鉄(BART)ではチケット券売機の扱い方は異なる。
サンフランシスコ内を幾つも走っているBARTであるが、今回はSun Bruno ⇒Powell St駅までの例で示したい。

 地下鉄(BART)駅内には改札口があります。その改札口では必ずチケットを通して出入りします。改札口近くには必ず運賃チケットの券売機が設置されています。その券売機を使用しますが、その前に券売機横などに表示されている駅名と運賃表で目的地駅と運賃を確認します。
例えば、Powell St.駅⇒Sun Bruno駅までは$4.30です。

券売機の使用操作方法
①チケットを現金で購入する場合は、画面表示の”Insert Bill/Coin"を選択します。クレジットカードを使用するのであれば”Insert Credit/ATM Card"を選択します。観光者であれば現金或いはクレジットカードでの使用になります。その選択項目横にある”A” または”B"のボタンを押します。
②次に、紙幣$5を一枚投入します。券売機画面には”Amount inserted $5.00”と”Current value $5.00”と表示されます。
Amount insert $5.00では、$5.00がチャージされている事を示します。チケットの購入額は$4.30ですから、購入金額を調整します。
③そこで、画面には”Subtract$1”と”Subtract 5¢”の表示があります。投入額$5.00からチケット購入額$4.30に調整するのですから、”Subtract 5¢”表示横にあるボタンを一回押します。すると画面上の"Current value"が押した回数に応じて減額され$4.95と表示されます。つまりチケット購入額になるまで”Subtract 5¢”を数回押す(この場合14回押す)事になるのです。このように煩瑣な作業を繰り返す事によってCurrent valueが$4.30と表示された場合、その金額でチケット購入できる訳です。※参考に、"Add $1", "Subtract $1", "Add 5¢", "Subtract 5¢"と表示がある場合、Add$1は$1加額、Subtract $1は$1減額です。従って、過誤でCurrent valueより少ない額に表示してしまった場合は、加額ボタン”A” または”C"(Add $1 またはAdd 5¢)を押す。それによってCurrent valueを調整できます。
④調整によってCurrent valueが$3.40に表示されたら、次はチケット発券として画面右下に表示されている”Print $4.30 Ticket"の横にあるボタン”E”を押します。
すると、券売機の右下の”TICKET”の口から印刷されたチケットが出て来ます。また釣銭も右下の"CHANGE / RECEIPT"の口から出て来ます。※釣銭は硬貨で返されますので、出来る限り釣銭が多くならない様に運賃料金に近い紙幣を使用する事です。




早朝6時頃のサンフランシスコ駅(San Francisco @4th & King St)
a0247978_08455054.jpg




4番ストリート側の交差点から見たサンフランシスコ駅(San Francisco @4th & King St)
a0247978_08480790.jpg






3. Cable Car

 歴史と概要:サンフランシスコを訪れた人は誰でも観光名物でもあるケーブルカーに乗ってみたいと思う。私もその一人であった。このケーブルカーはサンフランシスコ市街では3本線しか走っていない。パウエル-ハイド線、パウエル-メイソン線、カリフォルニア線である。パウエル-ハイド線とパウエル-メイソン線は地下鉄BARTのパウエル駅(Powell St)前のパウエル・ストリートとマーケット・ストリートの交差点にあるターミナルから出発する。カリフォルニア線はマーケット・ストリートとカリフォルニア・ストリートの交差点から出発する。パウエル-ハイド線とパウエル-メイソン線は所要時間は約25分。カリフォルニア線は所要時間15~30分(交通渋滞や状況による)。運行時間それぞれ異なるが凡そ朝6:00頃~深夜は1時頃まで、ほぼ10分~20分間隔で運行している。運賃料金は何れも片道(Single Ride)$7である。

 サンフランシスコの象徴的な存在であり、観光名物とも名所ともなっているケーブルカー。その歴史は古く開業が1873年から続いている。
1849年頃のサンフランシスコはゴールドラッシュにより発展する。それは、それ以前による砂金発見に伴い金鉱脈を目的とした人々で殺到し、僅か数百人の人口が数年で数万人の都市へと発展した。それに伴い交通の発展がある。特にサンフランシスコの道路は勾配の強い急坂が多く、当時はそのような急坂でも馬車が交通手段として用いられていた。
1869年、ノブヒルの最も高台に位置する道路で乗客を乗せた馬車が転落事故を起こしている。幸いにも乗客は無事であったが、馬が荷物の下敷きになり死亡している。この事故を目撃した一人のワイヤーロープ技師によって「馬よりも安全な交通手段」として考えられたのがケーブルカーである。この技師はノブヒルの頂上付近でケーブルカーの実験を行い、その開発により1873年に開通している。現在では電気で動くが開通当初は蒸気機関による動力であった。以後、ケーブルカーは急速に広まり、最盛期のサンフランシスコ市街では600台もの車両が行き交う交通網となった。

 ケーブルは山岳路線で使用する一般的な交走式(つるべ式)と異なる循環式を採用している。ケーブルは3路線ともケーブル博物館内にある動力室を通り路面の溝に埋め込まれる形で敷設され、動力室内の大型モーターによって循環している。運転手(グリップマン)がケーブルカー車両中央に設置してある梃原理を用いた操作レバーを引く押す事によりケーブルを摑んでは車両は動き、放せば停止する(ブレーキも用い)仕組みとなっている。ケーブルカーの速度は9マイル(約15km)程で移動する。
 ケーブルカーは窓付きの座席と窓無しの座席、ライディングボード(立ち乗り)で乗車できる。各線によって車両も異なるが、乗車定員は60~68名である。
また、時々ケーブルの破損などによりケーブルカーが動かず停止してしまい、その路線が不通となる場合もある。

 券売場(パウエル-ハイド線の例)パウエル・ストリート駅前でケーブルカーが方向を転回して出発するターミナル近くにあり、最終到着点のターミナル券売場でも購入できる。また車両内ではケーブルカーの車掌からもチケットを購入できる。早朝のケーブルカー運行開始は午前6時頃で、券売場は開いていないために、その時間帯に乗る場合はケーブルカー内で車掌からチケットを購入する。最終地点までの乗車運賃は片道(Single Ride)$7である。午前8時以降、特に日中は券売場やケーブルカー乗り場は乗客で大変混雑する。チケットを持っていても先着順でかなり待たされる事もあるので、観光目的の人は早めにチケットを求め乗車待ちするなど時間帯の考量を欠かす事はできない。
 また途中で降車する場合は、事前に運転手や車掌に申し出れば何処の停留所でもケーブルカーを止めてもらい降りられるし、乗る際もケーブルカーの走る場所で”茶色と白のSTOPサインのある所”か”レールが黄色に塗られた停留場”であれば、手を挙げるだけでケーブルカーが停車して乗る事もできる(但し、ケーブルカーが乗車満員の場合は無視される事もある)。私は早朝の6時半頃にサンフランシスコ駅までカルトレインで行き、そこからパウエル・ストリート駅まで徒歩で移動。パウエル・ストリート駅前のケーブルカー出発地点で暫し時間を潰して7時30分頃にケーブルカーに乗った。チケットは車両内の車掌から購入した。目的地はパウエル-ハイド線の最終着点であるサンフランシスコ海事国立史跡公園近くの発着ターミナル。帰りは同じの折り返し地点のターミナルからチケットを購入し乗車しようとしたのだが、乗客の混雑で一時間以上待たされた挙句、そろそろ乗車出来る段階と思いしや・・・、不運にも前々を走っていたケーブルカーが運行途中で車両故障(恐らくケーブル破損)を起こしたために停止してしまい、次のケーブルカーが途中で運行中止して戻って来る事になり、ターミナルからも出発出来ないというアクシデントに見舞われた。散々待ち草臥れた乗客は諦め顔で近くのバス乗り場まで移動していた。私はパウエル駅まで歩いて移動したのだが、地下鉄BARTには乗らずに更にサンフランシスコ駅まで歩いてCaltrainで宿泊ホテルまで帰った。思えば・・・、かなり歩いて時間を浪費してしまったが、至る場所を見て歩けた事から、これも旅行ならではの面白味の一つともなった。



CABLE CAR TICKET、上はハイド線の最終着地点ターミナルで購入したチケット(未使用)、下はケーブルカー乗車中に車掌から購入したチケット(使用済半券)
a0247978_14472485.jpg





地下鉄(BART)のあるパウエル・ストリート駅周辺(画像中央のガードが地下鉄パウエル・ストリート駅出入り口)
a0247978_09210206.jpg




パウエル・ストリート駅より出て画像中央のエスカレーターを上がり、画像中央左側にある赤い屋根の建物がケーブルカー チケット売り場
a0247978_09193967.jpg




パウエル・ストリート駅前のケーブルカー発着転回地点(ターミナル)、ケーブルカーのターンテーブルは自動では回転しない。車掌と運転手が二人掛かりで手や身体で押して回転させている。これも観光名所の面白味の一つである。どうやら昔からこの手動方法で回転させているようだ。
a0247978_09211444.jpg





a0247978_09212517.jpg





ケーブルカーからの景観画像
Powell駅前ターミナルからのパウエル-ハイド線、Powell StとHyde Stを走る
a0247978_10175324.jpg




並木道の中を通るケーブルカー、路上には駐車している車が多い。ケーブルカーは勾配の強い急な上り坂や下り坂を走る。
a0247978_10181746.jpg





a0247978_10242434.jpg




急な坂道を上り切ると前方にはサンフランシスコ湾が見えてくる。
a0247978_10244081.jpg




前方にアルカトラズ島(アルカトラズ刑務所)が見える。1963年に閉鎖された刑務所は現在では観光名所となっている。
a0247978_10245500.jpg




右側方に見えるはサンフランシスコ市街中心部の高層ビル
a0247978_10250959.jpg




サンフランシスコ海事国立史跡公園近くのケーブルカー発着ターミナル
a0247978_16512969.jpg







by ex-bluemail | 2017-10-21 12:23 | USA旅行記 | Comments(0)