その地に足を踏み入れて何を思う…。 気の向くままに旅立ち、その地に足を踏み入れる。青い空と海と広い大地が自身を包み込んでくれる。流れる雲の如く、大地を駆け巡り、陽の光を浴びては風に踊りて空に舞う。


by Tasogare

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Translate Tool

FX初心者の入門講座
  • ブログに掲載されている写真・画像等を、著作者の許諾無くして複写・転写・転載する事を固く禁じます。

検索

カテゴリ

全体
USA旅行記
Campus Tour
NZ旅行記

記事ランキング

最新の記事

USA旅行記編 ロサンゼルス..
at 2018-10-03 09:43
USA旅行記編 第三弾 カリ..
at 2018-09-15 00:38
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:40
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:39
USA旅行記編 デス・バレー..
at 2018-08-01 00:31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2014年 02月
2013年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

画像一覧

外部リンク

最新のコメント

> みやけさん  ② ..
by ex-bluemail at 21:30
> みやけさん  ① ..
by ex-bluemail at 21:29
> みやけさん 追申、..
by ex-bluemail at 03:02
とても魅力的な記事でした..
by 職歴の書き方 at 12:07

ファン

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

☆ Privacy Policy

ブログジャンル

旅行家・冒険家
旅行・お出かけ

USA旅行記編 第三章 第一部 ページ、ホースシユーベンド

Horseshoe Bend, Page  


 国道89号線をページに向かって走ると、やがて右側にホースシューベンド「Horseshoe Bend」の案内標識が目に入る。その反対側の左側前方の道路脇に左折入り口と駐車場が見えてくる。その駐車場を利用する事になるが、駐車所の周囲は赤砂で覆われている。そこから丘陵の坂道を歩いて行く事になる。大雨による雨水を含んだ砂地の道は柔らかくて歩き難い。丘の頂上に立つと、前方には平坦な砂の平地と突き出た岩しか見えない。それもその筈、ホースシューベンドは、大地がコロラド川の流れによる侵食によって削られ深い谷(渓谷)となった場所。よく見ると前方の突き出た岩があるところが大きく左右横に裂けたような場所がある。それがホースシューベンドである。そして丘陵を下りながら歩いて行くと大きな岩が削られて出来た谷底の川(ホースシューベンド)が姿を現す。崖縁に立ち見下ろすとかなり高いと言うより、かなり深い谷底(渓谷の深さは約300m)をコロラド川が大きなカーブを描くような形で流れている。この渓谷の形が馬の足の蹄(ひずめ)に装着する蹄鉄(ていてつ)に似ている事から、Horseshoe Bendという名が付いたという。

 岩崖の縁に立ってコロラド川を見下ろすと、そのあまりの深さに足が竦むほどである。崖縁の下は大きな岩が断崖絶壁となって谷底まで伸びている。雨上がりの直後で砂が柔らかく粘質もあり靴底に付着する。それで崖の縁を歩けば足を滑らせてしまう。安全策の柵も何も無いだけに、身体のバランスを崩したり足を滑らせれば、それこそ谷底へと真っ逆さまに落下するような危険な場所でもある。私は岩から岩へと飛び移る際に足を滑らせて手を怪我してしまった。崖の縁に立つなり歩いて移動する際には、靴底に砂が付着しているとかなり滑り易いので特に雨上がりの日などは要注意。



                      
 国道89号線沿いの公園駐車場傍にある注意掲示板、この小高い丘陵を上り下りた所にホースシューベンドはある。
a0247978_07304192.jpg



 丘陵の頂上から前方にあるホースシューベンド周辺を見下ろす。
a0247978_14141803.jpg



 ホースシューベンドから丘陵の頂上を見上げる。
a0247978_07314294.jpg

 

 ホースシューベンドを流れるコロラド川
a0247978_00263040.jpg




a0247978_14154926.jpg




a0247978_00423401.jpg




a0247978_00523049.jpg





 崖の縁に立ち見下ろすと渓谷の深さが判る。その深さは約300mある。画像中央の河原に青と白の物体が幾つか見える。それはキャンプのテントとボートである。そこには約20人程いるが、肉眼でもハッキリ捉えられないほど深い。崖の縁には安全策の柵も何も無い。足を滑らせれば後は御想像の通りになる。とても危険な場所だけに、崖の縁では腹這いになり渓谷を見下ろす観光客もいる。崖の縁を歩いて移動する際は要注意。
a0247978_14190911.jpg




a0247978_19255740.jpg





a0247978_14222729.jpg




a0247978_14265714.jpg






by ex-bluemail | 2015-11-30 23:47 | USA旅行記 | Comments(0)