その地に足を踏み入れて何を思う…。 気の向くままに旅立ち、その地に足を踏み入れる。青い空と海と広い大地が自身を包み込んでくれる。流れる雲の如く、大地を駆け巡り、陽の光を浴びては風に踊りて空に舞う。


by Tasogare

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Translate Tool

FX初心者の入門講座
  • ブログに掲載されている写真・画像等を、著作者の許諾無くして複写・転写・転載する事を固く禁じます。

検索

カテゴリ

全体
USA旅行記
Campus Tour
NZ旅行記

記事ランキング

最新の記事

USA旅行記編 ロサンゼルス..
at 2018-10-03 09:43
USA旅行記編 第三弾 カリ..
at 2018-09-15 00:38
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:40
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:39
USA旅行記編 デス・バレー..
at 2018-08-01 00:31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2014年 02月
2013年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

画像一覧

外部リンク

最新のコメント

> みやけさん  ② ..
by ex-bluemail at 21:30
> みやけさん  ① ..
by ex-bluemail at 21:29
> みやけさん 追申、..
by ex-bluemail at 03:02
とても魅力的な記事でした..
by 職歴の書き方 at 12:07

ファン

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

☆ Privacy Policy

ブログジャンル

旅行家・冒険家
旅行・お出かけ

USA旅行記編 第二章 グランドキャニオンへの道


ラスベガス編 
Las Vegas, NV

 翌日の10月3日、宿泊ホテルをチッエクアウトしシャトルバスでLAX空港へ、LAS McCarran 国際空港への搭乗手続きを済ませラスベガスへと飛び立つ。所要時間は約1時間20分。LAS McCarran国際空港もかなり広く、ユナイテット航空機で到着するとD-Gates→Terminal-3(Tram:シャトルカーで移動)、baggage Claim→Westdoors1-4、Eastdoors5-8,またはdoor#51でRent-A-Car-Center行きのシャトルバス(無料)で移動する。 Las Vegas McCarran International Airport で乗るレンタカーセンターへのシャトルバスは全レンタカー業者が同じ建物内に在る為にどの予約者も同じシャトルバスに乗ればいい。
 但し、Los Angeles International Airport(LAX)の場合は事情が異なる。レンタカーセンターへ行く予約者などは、それぞれのレンタカー業者営業所(レンタカー業者営業所がそれぞれ離れている為に)行きの専用シャトルバス(無料)に乗るのであるが、シャトルバス乗り場ではシャトルバス前面に掲示されている「レンタカー業者表示」に注意確認して乗る必要がある。
 
 ラスベガスのMcCarran International Airport(LAS)からは所要時間約10~15分でMcCarran Rent-A-Car-Centerへと到着する。シャトルバスがレンタカーセンターに到着するとそれぞれの予約しているレンタカー営業所へと進み、レンタカー予約確認及び借りる手続き(チエックアウト)を済ませる。先ず予約確認後に予約確認書と車の番号が付された用紙を渡されるので、そのまま2Fへと行き自分の借りるレンタカーを探し出して乗車する。次に出口ゲートで係員に予約確認書(証)、IDカード又はパスポートと国際免許証、クレジットカードを提示してレンタカー手続き(チエックアウト)が完了。そのまま出口ゲートを出ると予約先のホテルへと向かう。
 尚、予約レンタカーの車種は必ずしも希望に沿う訳ではない。カーナビが装備されているレンタカーと装備無しのレンタカーもある。それに必ずしも予約通りの装備になっていない場合もある。カーナビ装備に関しては予約時での確認が必要。レンタカーセンターはかなり大規模な建物でHertz, AVIS, Budget, SAVMOR, Alamo, National, DOLLAR…幾つものレンタカー業者がある。

 レンタカー返却時にMcCarran Rent-A-Car Centerに戻るには、州間高速道路215号線をラスベガスに向かって走ると、やがて"Warm Springs Rd, EXIT 9"の案内標識が見えて来る。その案内標識に従って州間高速道路の出口(EXIT9)から出る。EXIT 9を降りると突き当たりの道路がWarm Springs Rdである。それを左折し高速道下のガードを抜けて直進し、途中のガスステーションを右折するとMcCrran Rent-A-Car Centerに辿り着く。
レンタカーの返却(チエックイン)はRent-A- Car Centerの、"Rent A Car Return” の案内表示に従いそれぞれのレンタカー返却場へと進む。→返却場の係員の案内に従い返却手続きを行う。→レンタル車両の直前給油レシートを提示(給油に関する規約変更があるため事前に問い合わせなどで要確認)、他、追加の支払いが無い場合は、その場でレシートを受け取り、自分の荷物を持ち1Fのセンター入り口前のシャトルバスに乗車、そしてLas McCarran International Airport へと向かう。

 McCrran Rent-A-Car Centerから出発するシャトルバスは空港内のそれぞれのマッカラン国際空港ターミナル-1とターミナル-3に向かう二つがある。そこで自分の搭乗するターミナル行きのシャトルバスに乗り、マッカラン国際空港のターミナルに到着後は、そこから搭乗する航空会社の受付カウンターへと進み搭乗手続きをする。
[例]ユナイテット航空搭乗の場合、ユナイテット航空の搭乗手続きはTerminl-3にある事から、シャトルバスはターミナル-3行きのシャトルバスに乗り、ターミナル-3到着後はユナイテット航空カウンターでCheck inし搭乗手続きと荷物を預け、→セキュリティチエック(同建物中央付近) →Tram(シャトルカー)に乗りDゲートへと移動。Dゲート到着すると大きなエスカレーターで上階へ上がると、搭乗するゲート番号へと移動する。当該空港はかなり広く、シャトルバスが到着して降りた場所と各航空会社のターミナルが極端に離れている。また、搭乗手続きと搭乗ゲートも極端に離れている為に、その移動に戸惑い迷う事にもなるので要注意。
下記に簡単な空港構内とレンタカーセンターへの地図を示す。



【LAS VEGAS McCarran International Airport (LAS)空港内図 】
a0247978_05385099.png


【Las Vegas McCarran International Airport(LAS) & McCarran International Airport Rent-A-Car-Center地図】
a0247978_02220211.png


Las Vegas McCarran International Airport Rent-A-Car-Center
7135 Gilespie Street, Las Vegas, NV 89119-4267
Hertz営業所 24h 7days TEL:702-262-7700



『ラスベガスのホテル』
 ラスベガスでの宿泊ホテルはCaesars Palace Featuring Nobu Hotelであるが、レンタカーセンターからは約7kmの地点にある。隣にはラスベガスを最初に創ったバグジーのフラミンゴホテルがある。
Caesars Hotelはかなり豪華なホテルでその名の通り宮殿並みの建物となっている。ホテルに到着するや駐車場を探すのだが、これがかなり分かり難い。ホテル入り口で係員に「係員が車を駐車しますか、それとも客が自分で駐車場へ行き駐車しますか?」を訊かれる。自分で駐車すると答えると「此処から旋回して通りを大きく回って行くと、左側に "Self Perking" があるので駐車して下さい」と言われた。案内に従ってホテルの外周を走るが、あまりにホテルの敷地が広い為に何処をどう走っているのかも分からなくなる有様。やっとの事で左側に「Self Perking」の案内標識を発見して中へ入ると、これまた広い立体駐車場となっている。一応、3Fまで進み駐車を済ませるが、駐車場からホテル内の建物へと入りフロントデスクを探すのにも此れ又一苦労する。あまりにも広いホテルだけに、至る所にかなりの数のスロットマシンなどがある為に見る物すべてが同じ様にさえ見えてくる。その中を移動する人も多く、どうにもフロントが見付からない。従業員に訊きやっとの事でフロントへと辿り着く。 ”やれやれ…、これではホテル内を移動するだけで時間を浪費して一苦労する、迷子にもなり兼ねない” と呟く。
 フロントに辿り着くと綺麗なお姉さんがニッコリ笑顔で応対してくれた。「〇〇towerの〇〇〇〇番の部屋です」とキーカードを渡してくれる。それを受け取ると宿泊部屋でと向かう。これもまた部屋を探すのが一苦労。やっとの事でキーカードに示された部屋番号の部屋に到着する。部屋のドアを開けると、左側に個室がありトイレがある。するとドアの真向かいがベッドルームと思い見るのだが、20畳程の広い部屋にソファーが三組あり大型のTVが備わったリビングルームとなっている。更に、その隣のドアを開け進むと同じ広さ程の部屋には大きなダブルベッドとソファーが一組、この寝室でも大型TVが備わっている。更に奥には小さな部屋で女性用の化粧室があり、その奥には広い洗面台と大きなバス、ガラス張りのシャワールームとトイレがある。
 ” どうも予約した部屋とはイメージが大きく異なる。予約時の写真画像はもっと質素な部屋だった筈だが…、フロントの係員が部屋を間違えたのか…?もし間違えたならば、後で何か言ってくるだろう…” と思った。翌朝早にはアリゾナ州のグランドキャニオンへ出発しなくてはならないので、旅疲れもあり食事を済ませると早くも寝てしまった。翌早朝4:00amに起きると荷物を纏めてはフロントでチエックアウトを済ませ、駐車場の車に飛び乗ると夜明け前の暗い中を走り続けグランドキャニオンへと向かった。

◇ Caesars Palace(Hotel)
URL: http://www.caesarspalace.com/



【Caesars Palace Featuring Nobu Hotelの宿泊部屋】
a0247978_02225947.jpg


a0247978_02233837.jpg


a0247978_02231625.jpg
 


第二章 グランドキャニオンへの道
グランドキャニオン編

 夜明け前のラスベガスをレンタカーで走り抜けてグランドキャニオンへと向かう。ラスベガスからグランドキャニオンまでの距離は片道約430kmである。詳細的にはLas Vegas  →Boulder City →Lake Meadまでは約48km、Lake Mead →Kingmanまでは約113km、kingman →Willamsまでは約180km、Willams →Grand Canyonまでは約90kmある。Las VegasからTusayanのホテルまでの所要時間は自動車で約4時間15分位である。
 ラスベガスのホテルを出ると州間高速道路15号線に入りラスベガスのマッカラン国際空港を左に見ながら立体交差する州間高速道路215号線へと入る。そのまま215号線を進み →Hendersonから州間高速道路515号線(国道95、93号線)南方向に入り →93号線のBoulder City →LAKE MEAD(メード湖)を通る。



【Las Vegas →LEKE MEAD迄の地図】
a0247978_143413.png



【写真画像は、LAKE MEAD】
a0247978_1435218.jpg


a0247978_1443330.jpg

 
 国道93号線を走り続けると →Kingmanでは州間高速道路40号線と立体交差する。その交差点で左折し州間高速道路40号線(国道93号)を走る。

【LAKE MEAD →Kingman →Williamsの地図】
a0247978_1635575.png


【kingmanまでの国道93号線とKingmanの町】
a0247978_14162855.jpg


a0247978_14165643.jpg


a0247978_05532027.jpg


a0247978_14171440.jpg


a0247978_14172932.jpg


【州間高速道路40号線のSeligmanで馬を乗せたトレーラーを発見。高速道路を走る馬の表情は、青く澄み切った快晴のせいか実に御機嫌が良さそうだ!】
a0247978_1418793.jpg


a0247978_14183033.jpg


a0247978_1419253.jpg


 kingman →Seligman →Ash Forkを199km走り続けるとWillamsに到着する。Willamsでは(EXIT 165)を右に降車。そのまま直進して突き当たりの道路を左折して州道64号線を走る。  
 →Willamsから途中で →Red Lake →Valleで走行している州道64号線が国道180号線と交差一体化するがそのまま突き進む。


【ウィリアムズの風景…、道路と木々以外は何も無い!この写真は町からかなり離れた反対側】
a0247978_14204178.jpg


【WillamsとTusayanのほほ中間での夜明け。空が赤く染まって綺麗だったので撮りました。数分後、アリゾナ州は今日も雲ひとつ無い快晴な青空だ!】
a0247978_1422267.jpg


a0247978_14223035.jpg

 
 Willamsから州道64号線と国道180号線を約80km進むと左側にGrand Canyon National Park Airportが視界に入る。グランドキャニオン国立公園を小型セスナ機やヘリ機で観る観光客はこの空港を利用する。そして、この空港から直ぐ先がTusayanである。Tusayanは小さな町だが、グランドキャニオン観光客を受け入れるホテルとレストラン、ストア、ガスステーション(ガソリンスタンド)、マクドナルドなどがある。Tusayanからグランドキャニオン公園入り口までは約2km →Grand Canyon公園中心部(Grand Canyon Village)までは約8kmである。

【Willams →Tusayan →Grand Canyon National Park地図】
a0247978_14232981.png


【Grand Canyon National Park Airport】
a0247978_14241599.jpg


a0247978_14243189.jpg


【宿泊先のザ・グランドホテル(Tusayan)】
a0247978_1425526.jpg


a0247978_14253214.jpg


【カリフォルニア州のナンバープレートは何処と無く見栄えがいい!!】
a0247978_14255885.jpg


a0247978_142162.jpg



『グランドキャニオンでの熊騒動』
 宿泊しているホテルの近くにマクドナルドがある。夜の8時頃、マクドナルドへ行きダブルバーガーを2個買って店外に出ると、店の外にある駐車場の外れにある草叢で何やら黒く大きな物体が動いているのを目撃した。周囲は店から離れた所に山があり、街灯も少なく夜の暗い場所だけに動く物体が肉眼では確認できない。”もしや熊が出た!!”とばかりに驚き固唾を呑んだ。次第に心臓の鼓動も高まる。”ここで熊に襲われ怪我でもするのか?それとも喰われてしまうのか…? 熊は嗅覚が鋭く食べ物には敏感に反応(襲う)する習性がある。マクドナルドで買ったばかりのダブルバーガーが食われてしまうのか…?それとも自分自身が食われてしまうのか?と恐怖する。どっちも喰われるのは否だ!”とばかりに思った。”グランドキャニオンへ来てグランドキャニオンを観れずに熊に襲われ喰われてしまうというのもオチにも洒落にもならない”そう思いしや…、然し、その熊、どうにも動きが少し変!?
 目を凝らしてよく見ると、確かに黒く大きな動物なのだが、その物体、実は熊ではなく黒い牛なのである。黒い牛が草を食べていたのである。熊ではなく牛と知るなり一安心したかのように心臓の高まった鼓動も落ち着き始めた。
 それにしても何故…、此処に牛が居るのか!? 此処はマクドナルドの駐車場横にある単なる草叢なのに牛を飼うような場所ではない。どうやら何処かで飼っている牛が脱走して迷い込んだようである。それにしても…、人騒がせな熊、否、熊ではなく牛である(場所は、写真のマクドナルド駐車場手前の草叢)。まったく熊(困)ったものだ! …と言う訳でして、私もダブルバーガーも無事だったので、ハンバーガーをホテルに持ち帰って美味しく食べましたとさ。めでたし、めでたし。



【Tusayanの町】
a0247978_144199.jpg


a0247978_14553.jpg


a0247978_151664.jpg









by ex-bluemail | 2013-12-02 03:47 | USA旅行記 | Comments(0)