その地に足を踏み入れて何を思う…。 気の向くままに旅立ち、その地に足を踏み入れる。青い空と海と広い大地が自身を包み込んでくれる。流れる雲の如く、大地を駆け巡り、陽の光を浴びては風に踊りて空に舞う。


by Tasogare

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Translate Tool

FX初心者の入門講座
  • ブログに掲載されている写真・画像等を、著作者の許諾無くして複写・転写・転載する事を固く禁じます。

検索

カテゴリ

全体
USA旅行記
Campus Tour
NZ旅行記

記事ランキング

最新の記事

USA旅行記編 ロサンゼルス..
at 2018-10-03 09:43
USA旅行記編 第三弾 カリ..
at 2018-09-15 00:38
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:40
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:39
USA旅行記編 デス・バレー..
at 2018-08-01 00:31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2014年 02月
2013年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

画像一覧

外部リンク

最新のコメント

> みやけさん  ② ..
by ex-bluemail at 21:30
> みやけさん  ① ..
by ex-bluemail at 21:29
> みやけさん 追申、..
by ex-bluemail at 03:02
とても魅力的な記事でした..
by 職歴の書き方 at 12:07

ファン

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

☆ Privacy Policy

ブログジャンル

旅行家・冒険家
旅行・お出かけ

USA旅行記編 第一章 サンフランシスコとヨセミテ国立公園

 2011年10月14日、アメリカ合衆国はニューヨーク近くのNEWARK LIBERTY国際空港からSAN FRANCISCO国際空港へと飛び立った。到着後は空港近くのBest Western Plus El Rancho Inn & Suitesホテルにて宿泊。
 旅程では、翌日は名門スタンフォード大学のCampus Tourに参加し、その後は空港でレンタカーを借りて、その翌早朝はヨセミテ国立公園へと出発する事になっていた。スタンフォード大学については、後の『Campus Tour』にて記述する。




サンフランシスコ国際空港(SFO)、サンフランシスコ観光協会公式サイトより転載
a0247978_0301391.jpg




サンフランシスコ国際空港(SFO)近くにある宿泊ホテルBest Western Plus El Rancho Inn & Suites
a0247978_0323627.jpg



a0247978_0362334.jpg



a0247978_0365338.jpg
 



 Best Western Plus El Rancho Inn & Suites ホテルのウエブサイト
URL: http://www.elranchoinn.com/

 



 10月15日、サンフランシスコ国際空港にあるHertz営業所に出向いてレンタカーを借りる。此処の建物は幾つかのレンタカー営業所が存在するかなり大規模な営業所建物となっている。カウンターで予約車の手続きを済ませると番号の付いたキーが渡される。それから従業員がレンタカーを持って来てくれる訳ではないので、自ら借りるレンタカーを探す事になるのだが、営業所のあまりの規模の大きさとクルマの保有台数の多さに探すのも一苦労する。レンタカーを見付けると早速にもレンタカーに乗り込み、出口ゲートで警備員にIDカードを見せる(此の場合、手続き書類とパスポートか国際免許証でも良い)。 

 レンタカーを借りて宿泊ホテルに向かうが、アメリカの道路は道幅が広く網目のように張り巡らしてところを走っているようなものであり、高速道路は市街中心部ともなると片側六車線も少なくはないのでやや複雑ではあるが、右車線左ハンドルであっても運転走行には支障なく視界も良く快適そのもの。ただ日本車の場合とは異なり方向指示器とワイパーレバーが逆の位置にあるため、交差点で方向指示を出そうとしたところ何度も間違えてワイパーを動かしてしまった。時は快晴の昼下がり、周囲の視線を受ける トホホホ・・。

 ホテル到着後は、市街を少し歩いてはハンバーガー店に立ち寄り持ち帰り用に注文する。アメリカ本場のハンバーガーは日本のハンバーガーよりも大きく、使用されているパン生地や肉は柔らかくて意外と美味しいものであった。
また、日本料理を出している店に入ってマグロ寿司とカツ丼を注文したのだが・・、驚いた事には、そのマグロ寿司に山葵が付いてなく別の小皿にて山葵が運ばれてきた。しかもシャリには御酢が無いのである。
「はて・・!? いま食べている物が何なのか?」よく判らない有様。
カツ丼を注文した際も、店員から「カツ丼には豚と鶏肉があるので、どれにするのか?」と訊かれ、「カツ丼と言えば、豚肉に決まっているのでは?」と返答に戸惑い不安を感じた。
その出されたカツ丼は・・、味噌汁が付いていて結構美味しいのであるが。肝心のカツ丼なるものは、丼蓋を開けると豚カツを数個に切って御飯の上に載っているだけで、卵が異常に少なく刻んだ葱を塗してあるだけ。しかも鰹出汁による煮込みもされてないので単なる豚カツをそのまま食べているという奇妙なものだった。経営者や店員は日系人らしいのだが、どうやら本場の日本料理を食した経験が無いのではとも思う。外国の地では、こうした店も決して少なくはないようである。

 それに、アメリカには日本でいう街の至る所にある筈の自販機がない。あるとすればホテルなどに設置されている自販機だけである。コンビニも少ないようである。それ故に、食料の調達にも不便さを感じた程である。翌早朝の夜明け前の5時にはヨセミテ国立公園へ向けて出発すために、宿泊ホテルに到着するとのんびりと寛ぐ余裕すらも無く、明日への準備と夕食を済ませるなり早い眠りに着いた。


 このヨセミテ国立公園旅行を終えた後にサンフランシスコ市街地を回りゴールデン・ゲート・ブリッジを観に行っている。サンフランシスコは10月中旬という季節でもありながら夏日のように暑く汗ばむ程であった。時間の都合上、地下鉄とバスで行く予定を変更しタクシーを借り切る形でゴールデン・ゲート・ブリッジへと向かった。
 サンフランシスコ湾入り口に位置する此の橋は、1937年に完成した吊り橋で主塔間の長さが1280m、全長2737m、水面からの高さが227m、橋の中央の高さは66mで、クイーン・エリザベス号が橋との間を僅か60cm残して通り抜けたという。ここは南北戦争時代は敵の侵入を防ぐための要塞があった所で、ゴールデン・ゲート・ブリッジの入り口の下(橋の南端の下)には当時126もの大砲を装備した所でもあり、現在その場所には南北戦争の博物館がある。その橋入り口前横に観光客の集う広場があり、そこからゴールデン・ゲート・ブリッジを望む。橋は濃い霧に覆われる事が多く橋の全貌が望めるのは珍しいとも云われるだけに、その日は風はあるものの雲ひとつ無い快晴の青空でゴールデン・ゲート・ブリッジの全貌を望む事ができた。

 その右側のサンフランシスコ湾には映画『アルカトラズからの脱出』でも知られるアルカトラズ刑務所が見える。この刑務所は、南北戦争時代は軍事要塞、軍事監獄(刑務所)、以後は1934年~1963年の間は連邦刑務所として使用され脱出不可能とされていた。その理由は、島を取り巻く速い潮流と水温が7~10℃と冷たいため、島から泳いで脱出する事など絶対不可能と言われていた。然し、その間に幾度となく脱獄は図られたが、1962年の有名な脱獄事件では3人の囚人が脱獄している。翌1963年に当該刑務所は財政的理由から閉鎖されるが、現在は一般公開され観光名所ともなっている。更に右側に目を向けるとサンフランシスコ市街の高層ビルを望む事ができる。


サンフランシスコ湾入り口にあるゴールデン・ゲート・ブリッジ(上・中)、サンフランシスコ市街中心地(下)
a0247978_10360751.jpg



a0247978_0374960.jpg



a0247978_0393660.jpg





by ex-bluemail | 2012-03-24 03:32 | USA旅行記 | Comments(0)