その地に足を踏み入れて何を思う…。 気の向くままに旅立ち、その地に足を踏み入れる。青い空と海と広い大地が自身を包み込んでくれる。流れる雲の如く、大地を駆け巡り、陽の光を浴びては風に踊りて空に舞う。


by Tasogare

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Translate Tool

FX初心者の入門講座
  • ブログに掲載されている写真・画像等を、著作者の許諾無くして複写・転写・転載する事を固く禁じます。

検索

カテゴリ

全体
USA旅行記
Campus Tour
NZ旅行記

記事ランキング

最新の記事

USA旅行記編 ロサンゼルス..
at 2018-10-03 09:43
USA旅行記編 第三弾 カリ..
at 2018-09-15 00:38
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:40
Campus Tour カ..
at 2018-08-15 00:39
USA旅行記編 デス・バレー..
at 2018-08-01 00:31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2014年 02月
2013年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

画像一覧

外部リンク

最新のコメント

> みやけさん  ② ..
by ex-bluemail at 21:30
> みやけさん  ① ..
by ex-bluemail at 21:29
> みやけさん 追申、..
by ex-bluemail at 03:02
とても魅力的な記事でした..
by 職歴の書き方 at 12:07

ファン

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

☆ Privacy Policy

ブログジャンル

旅行家・冒険家
旅行・お出かけ

NZ旅行記編 第一章 ミルフォードサウンドとクイーンズタウン

 
 もう既に過去の事ではあるが、当時を振り返り旅行記を書くという事になると、当時の記憶を辿らなくてはならない。今も思い出す度に鮮明に甦るのは、NZの青く澄み切った空の色とその深さではなかろうか。そこにある雄大な大自然が手付かずの状態で現存する美しさには思わず息を呑む。その美しさを如何に言葉や文字で表現するかは決して容易な事ではない。それ故に、その地に足を踏み入れ、その目で観た者にこそ初めて知る事ができ理解し得る事ではなかろうか。

 2009年1月下旬、日本は真冬であるがNZは南半球に位置し夏季になる。NZは成田国際空港から直行便でクライストチャーチ国際空港へは11時間30分で到着する。この時のクライストチャーチの天候は雨が降った後の曇り空でやや肌寒かった。NZの天候は著しく年間を通じて雨量が多い、夏季と謂えども肌寒い日が多く厚手のセーターやジャケットを必要とする。
 クライストチャーチ空港から国内便でクイーンズタウン空港へと飛ぶ。飛行機の窓から眼下に見える大地は緑一色覆われている所もあれば、地肌というか岩肌が露出している山々も多く、その地形は日本とは大きく異なる。氷河期時代に於ける氷の流動によって岩山が削られ、雨水によって浸食されては形成された山肌が今も現存する唯一の太古の姿でもある。



 クイーンズタウンの中心地から観るワカティプ湖、遠くに氷河期時代の岩山を望む
a0247978_10275088.jpg



a0247978_10270162.jpg


                            
 この日のクイーンズタウンは風がやや強く曇り空、夏の時期なのに気温も低く肌寒いために厚手の服やジャケットを着ている者を何人も見掛けた。
クイーンズタウンの街並みは自然の景観と融合するよう設計されているのだろうか、実によく調和が取れている。景観を損ねるような建物は殆ど見当たらない。
気温は30度を超える程度で、真夏の時期であるにもかかわらずそれ程に暑さは感じられない。NZの夏は短いのだろうか?木々の葉も僅かだが黄色に色付いていた。
NZの紅葉は日本でいう紅葉ではない。「黄葉」つまり葉が黄金一色に染まる。その美しさは日本で観られるような紅く染まった紅葉とはまた異なった美しさでもある。

 ◇ NZの旅行についてホテル、レンタカー、各旅行催行社などの手配をしてくれる日本人経営の旅行業者 KOZEN LIMITED.(コーゼンリミテッド)「旅ニュージー.com」がクライスト・チャーチにあります。公式サイトはhttp://tabi-nz.com/

それ以外に、このブログ第三章で示すミルフォードサウンドでのオーバーナイト・クルーズの催行社リアル・ジャーニー社の公式サイトhttp://www.realjourneys.co.nz/ 



 ミルフォード・サウンドについて書く前に、NZ旅行終りにクイーンズタウンで乗馬を経験した。映画「THE LORD OF THE RINGS」の撮影地がクイーンズタウンなのである。その撮影地で乗馬をした。
クイーンズタウンの市街地からワカティプ湖沿いをワゴン車で走る事40分位。山道を走り抜けると牧場なのだろうか数頭の馬が飼われている場所へと辿り着く。そこから10数人のツアー参加者達と更に馬に乗っては目的地である撮影地へと向かう。

 撮影地ではガイドが撮影場所の案内と説明をしてくれた。この乗馬に参加している10数名が乗る馬の中に実際に撮影に参加した馬がいるという。その馬は人気ある俳優であるかのように「此処ではスターなのだ」 とガイドは誇らしげに説明していた。




クイーンズタウンのワカティプ湖と映画撮影地近くでの乗馬、最も下は映画の撮影地
a0247978_152581.jpg



a0247978_1526294.jpg



a0247978_15265598.jpg



a0247978_8142673.jpg



a0247978_15273665.jpg









by ex-bluemail | 2012-02-13 13:40 | NZ旅行記 | Comments(0)